ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« LD学会2日目 | トップページ | シナノケンシが総務省の補助を受けてDAISY/EPUBの製作ソフトウェアと再生ソフトウェアを開発中とのこと »

「教育工学」と「学習工学」

本日はLD学会最終日,会場係としての下働きも今日で終わりました。

1374303_546452245427823_1205293663_

細かいトラブルはあったものの,大きな混乱はなく無事終了しました。

参加者も過去最高とのこと。発達障害のある子どもへの教育について,関心がある人が広がっていると実感した学会です。

さて,私の担当したシンポジウムですが,様々な立場での視点でお話しをいただくことになりとても学ぶことが多かったのですが特に東大の近藤さんがシンポジウムのあとの昼食の時におっしゃられたことがキーワードなのかなと思いました。

それが
「教育工学」と「学習工学」

です。

なぜ,日本はこれほどまでにATが普及しなかったのかという話になり,これまでに「教育工学」という「教える側」の視点が主になっていて「学ぶ側」の視点が遅れていたのではということが上野先生との話で話題になりました。

その意味では「教育工学」から「学習工学」といった視点に変わっていくことが今後の支援機器活用にキーになるのではないかと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たくさんの参加者,たくさんのボランティア,学生さんに支えられた大会でした。 大変だったのでもう,2度とやりたくはありませんが、良い経験をしました。

 

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« LD学会2日目 | トップページ | シナノケンシが総務省の補助を受けてDAISY/EPUBの製作ソフトウェアと再生ソフトウェアを開発中とのこと »

アシスティブ・テクノロジー」カテゴリの記事

イベント・研究会・展示会」カテゴリの記事

支援機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/58386323

この記事へのトラックバック一覧です: 「教育工学」と「学習工学」:

« LD学会2日目 | トップページ | シナノケンシが総務省の補助を受けてDAISY/EPUBの製作ソフトウェアと再生ソフトウェアを開発中とのこと »