ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 書籍「生活支援工学概論」 | トップページ | 我が家のあまったiPadを子供に持たせる時の手順と、使い方の紹介!(昼刊) »

視覚障害者のためのPC利用について その2

先日行った某盲学校の先生から講義の最後に質問を受けました。

ご自身も視覚障害のある先生だったのですが,とても本質的なお話しですぐにお答えできるようなものではありませんでした。

視覚障害者がPCを利用するにあたって困った時には人に頼って解決することになるが,そうではなく自分だけで解決するような仕組みはないのか。

確かにそうですね。コンピュータなどの機器は操作が複雑ですし,近くに人がいれば安心ということもありますが,そうなると,常に近くに人がいないと解決できない。
安心できる反面,常に人が近くにいるのはうっとうしいかもしれない。私などは,何か困ったことがあればネットに接続してインターネットで調べることで何とか解決しますが,そういったこともけっこう大変かもしれない。

この時にお答えしたのは,高松養護の「Wish Project」でした。これは,肢体不自由のお子さんが外出活動を携帯情報端末を利用して行う実践です。

肢体不自由のお子さんも困難があるということで常に大人がそばに付き添っていることが多い。そうすると,自分でできているのか,大人が手伝っているのか分からなくなってしまうこともある。

ですが,「何かも待っている」時に助けてもらえればいいのかもしれない。

そんなわけで,困った時に携帯情報端末で呼びかけたら近くにいる人が助けてくれるようにしている。

もちろん,すぐに来てもらうということは近くに入るわけですが,困った時にしか来ない。

この塩梅が大事。

視覚障害の人も,遠隔の人にテレビ電話などを利用して困った時に相談するという仕組みを使っている場合もある。

本人の自立を考える時にはそういった「常につきまとっている」ではない,方法として遠隔支援があったもいいのではとお話しをしました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

支援機器を使うのは機器があるからではなく,自立のためのどんなことがデキルのかということだとつくづく思います。

 

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 書籍「生活支援工学概論」 | トップページ | 我が家のあまったiPadを子供に持たせる時の手順と、使い方の紹介!(昼刊) »

アシスティブ・テクノロジー」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

支援機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/58503845

この記事へのトラックバック一覧です: 視覚障害者のためのPC利用について その2:

« 書籍「生活支援工学概論」 | トップページ | 我が家のあまったiPadを子供に持たせる時の手順と、使い方の紹介!(昼刊) »