ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« おすすめパズルソフト2「Switch Accessible Puzzles」 | トップページ | おすすめパズルソフト4「Switch Accessible Puzzles」その3 »

おすすめパズルソフト3「Switch Accessible Puzzles」その2

「Switch Accessible Puzzles」の解説その2です。

今回は

Input method(入力方法)です。

Img_0207

これには3つの方法が選択できます。

■Cause and effect(原因と結果)

■Direct selection(直接選択)

■Scanning(スキャニング)

私が秀逸だなと思うのはこの■Cause and effect(原因と結果)という方法です。

言葉通りに画面のどこをタップしても正解してくれるんです。

つまり,スイッチを押すと反応してくれる。

パズルのソフトというとマッチング課題ですから,どれを選べばいいか分からないといけない。

しかし,この入力方法を選べばそれが分からなくても楽しめるんです。

たぶん以下の2つの対象者を意識しているのではと思います。

★とにかく画面をタップすれば反応してくれる初期学習の子ども

★マッチングの学習をはじめるにあたってどうやって操作をすればいいのかを視覚的に認知させるためにソフトの仕組みを理解してもらいたい子ども

まあ,その両方の場合もありそうですが,<まずはソフトを楽しむ>というニーズにぴったりです。

■Direct selection(直接選択)

は,画面をタップするかドラッグして直接選んでいく方法です。

■Scanning(スキャニング)

はスイッチまたは画面をタップして移動していく候補を確定していく方法です。

この2つについてはより細かい設定があるので詳細は後ほど。

ダウンロードはこちら

Switch Accessible Puzzles App
価格:700
ジャンル:教育

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小出しにして申し訳ありませんが,続きは明日に。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« おすすめパズルソフト2「Switch Accessible Puzzles」 | トップページ | おすすめパズルソフト4「Switch Accessible Puzzles」その3 »

iPhone,iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/58583251

この記事へのトラックバック一覧です: おすすめパズルソフト3「Switch Accessible Puzzles」その2:

« おすすめパズルソフト2「Switch Accessible Puzzles」 | トップページ | おすすめパズルソフト4「Switch Accessible Puzzles」その3 »