ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« [iPhone, iPad] PingPong: リアルタイムで生徒の答えを反映。自発的参加で集中力アップだ!無料。 | トップページ | 国立印刷局謹製:iPhoneのカメラで紙幣を識別するアプリ「言う吉くん」 | Touch Lab - タッチ ラボ »

生徒が授業を楽しめること」が学校タブレットの効果の証――墨田区教委に聞く学校ICT化

こちらより

生徒が授業を楽しめること」が学校タブレットの効果の証――墨田区教委に聞く学校ICT化

墨田区の教育委員会は今年の4月に区内の小中学校に300台のWindowsタブレットを配布したそうです。

36校中の7校,PCの更新に併せて入れたとのことです。

単純計算で1校あたり40台強。

いわゆるPCルームの機械の更新という感じですね。

ただし,これまでのように教室に固定されて使える場面が限られていたものから各教室などに移動したりグループ学習で使えるようになったメリットは大きいでしょうね。

文部科学省が2020年までに1人1台というのを打ち出していましたが,なかなかそれを実現するのは時間がかかる。

ですが,今あるPCの更新のタイミングでタブレットPCを入れていき,それの良さを理解して台数を増やしていけるといいのではと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


中学校などはやはりキーボードがあることのメリットも大きいと思います。
価格面でAndroidという選択しもあるでしょうけど,ソフトの豊富さではやはりWindowsという選択肢はあるでしょうね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« [iPhone, iPad] PingPong: リアルタイムで生徒の答えを反映。自発的参加で集中力アップだ!無料。 | トップページ | 国立印刷局謹製:iPhoneのカメラで紙幣を識別するアプリ「言う吉くん」 | Touch Lab - タッチ ラボ »

情報教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« [iPhone, iPad] PingPong: リアルタイムで生徒の答えを反映。自発的参加で集中力アップだ!無料。 | トップページ | 国立印刷局謹製:iPhoneのカメラで紙幣を識別するアプリ「言う吉くん」 | Touch Lab - タッチ ラボ »