ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« シンプルな操作と画面で! 砂時計代わりに「SGTimer シンプルタイマー」 | トップページ | 学習上の支援機器等教材活用促進事業 »

自分に厳しい人は要注意:経験者が語る「我が子を壊す完璧主義」

こちらより

自分に厳しい人は要注意:経験者が語る「我が子を壊す完璧主義」

子育てというのはとてもむずかしいことです。

子どもが自分の思うようにならないととても悩むことや,想像もできないことで怒ってしまうなどもあります。

子どもが小さいうちには注意すれば従いますし,それが正しいと思うのでしょう。

ですが,でもなかなか言うことは聞いてくれません。

特に,発達障害があれば相手の言っていることの「想像」がむずかしい面もあり,理解が困難なために余計間違えた方向に行きがち。

選択理論というのがありその中では「外的コントロール」といってなかなか人は自分の思うとおりにはならないと書かれています。

「相手は間違っている」と思うなら…

この中では

相手は間違っている

そして、私は正しいことを知っている

だから 私が教えてあげなくちゃ いけないのよ!!!

ということを外的コントロール心理学では考えてしまう。

私自身もなかなかそこからは抜け出せないけど,大切なのは

相手は間違っている(かもしれない)

でも、 私も間違ってる(かもしれない)

と思えるといいですね。(なかなか咄嗟にはそうならないでしょうけど)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


グラッサー博士の選択理論の本はとても厚いので読みごたえがあるので,入門編としてはこちらの方がオススメです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« シンプルな操作と画面で! 砂時計代わりに「SGTimer シンプルタイマー」 | トップページ | 学習上の支援機器等教材活用促進事業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« シンプルな操作と画面で! 砂時計代わりに「SGTimer シンプルタイマー」 | トップページ | 学習上の支援機器等教材活用促進事業 »