ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

「DO-IT School」と「魔法のランププロジェクト」成果報告会 その5

いつもお世話になっているketonさんのブログより

なぜテクノロジーを使った学習支援が必要なの? ― 『魔法のランププロジェクト成果報告会』参加レポート

井上先生の実践について丁寧に報告されています。

本当に井上先生の実践は教えられることばかりです。

マジカルのこの前の講演で熊谷さんから教えてもらった「依存」と「自立」の関係。これを丁寧に整理することが大切だと支援機器を活用する上では必要なことだとつくづく思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私のブログなんてまさにさまざまな人の情報に「依存」しています。 自分では何もできない。でも私ができることをしているのではと思っています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「DO-IT School」と「魔法のランププロジェクト」成果報告会 その4

ICT教育ニュースというところで取材があったようです。

ソフトバンクモバイルほか/「魔法のランププロジェクト」の成果を教師が語る

こちらに紹介した佐野先生の報告が書かれていました。

“タブレットの入力方法”に注目した 『アプリ整理表』

佐野先生,いろいろやっていますね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次のプロジェクトの申込みはこちら

「魔法のプロジェクト2014 〜魔法のワンド〜」がスタートします

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPad防水ハードケース(スタンド機能付・iPad Air・iPad第4世代対応)

PP団 さんから教えてもらいました。

iPad防水ハードケース(スタンド機能付・iPad Air・iPad第4世代対応)

防水,防塵,対衝撃ケースだそうです。

価格も3980円ですからお手頃ですね。

ただし,ケースに入れての電源のオンオフや音量調節,充電はできないとのこと。

いちいち,入れたり出したりしないといけないようですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プールサイドでの活動などやヨダレが気になる人にはいいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

国会図書館、出版者からの抗議を受け、著作権切れ書籍のネット公開を一部停止

こちらより

国会図書館、出版者からの抗議を受け、著作権切れ書籍のネット公開を一部停止

先日紹介したように国立国会図書館が絶版になった本などをデジタル化して配信しています。

国会図書館、図書館向けにデジタル化した書籍や資料を送信

これに対して,出版社から「当該資料は現在も商業刊行中であり、公開中止を求める」という趣旨の申し出があったとのことです。

単に著作権が切れているから無償で配信していいよとは言えない事情もあるようです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここら辺,公有の範囲というのが微妙ですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

信州に3つめの団体が「信州デジタルキッズラボ 会員募集のお知らせ」

こんな案内が飛び込んできました。

信州デジタルキッズラボ
会員募集のお知らせ

以下引用

①読み、書き、算数に困難のある子ども達、いわゆる学習障害のある子ども達に対する
機器による支援の重要性を深く理解すること。
②学習障害を支援する機器に関する情報、活用方法を共有し、それを拡大すること。
③機器を活用した授業実践を蓄積し、そこで生まれた有効な支援方法を一般化すること。
これら3つの目的を達成するために信州デジタルキッズラボを立ち上げることにしまし
た 。
この目的に賛同し、共に学び、ともに活動する同志を募集します。
多くの有意の皆さんのご参加をお待ちしています。
設立発起人 松村妙子(上田市立神科小学校長)
青木高光(長野県稲荷山養護学校教諭)
杉浦徹(長野大学社会福祉学部)

とのこと,「信州特別支援教育カンファレンス」「信州スイッチラボ

に続いて,信州はなかなか熱いですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この他にもドロップレット・プロジェクトも信州発ですけどね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

第5回教育ITソリューションEXPO

こちらより

第5回教育ITソリューションEXPO

昨年もご紹介した機器展示会が今年も開かれるとのこと。

以下引用

会期:2014年5月21日(水)~23日(金)
会場:東京ビッグサイト
主催:リード エグジビション ジャパン株式会社
後援:一般社団法人
    日本教育工学振興会(JAPET)など


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

特別支援教育のブースがあるのも特長ですがあまり,揃っていなかったのが残念です。 今度は,たくさんの企業が出して欲しいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「誰もが使えるデジタル教科書の実現」 3月2日に公開ミーティング

こちらより

「誰もが使えるデジタル教科書の実現」 3月2日に公開ミーティング

以下引用

◆みんなのデジタル教科書教育研究会 Open Meeting 09 Saitama
日時:3月2日(日)13:30~16:30
会場:埼玉会館 7A会議室(さいたま市浦和区)
定員:80名(先着順)
参加費:1,000円(資料代含む)
申し込み:ホームページから

ということで,登録のWebサイトはこちらでした。

みんなのデジタル教科書教育研究会 Open Meeting 09 Saitama 2014/03/02


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ううむ,それにしてもRBBはけっこう有用な情報が載っていていいんだけど,編集方針なのかリンクがはっていないのが不便だな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「DO-IT School」と「魔法のランププロジェクト」成果報告会 その3

参加された保護者の方のブログがありました。

魔法のランププロジェクト成果報告会に行ってきました!

東大先端研,教室がひしめくほどのたくさんの参加者が来ています。

先生方も関心が高いですが,多くの保護者の方も興味を持たれていますね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

魔法のワンドは現在募集中です。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「DO-IT School」と「魔法のランププロジェクト」成果報告会 その2

その後,「魔法のランププロジェクト」成果報告会の資料も公開されたことを教えてもらいました。

魔法のランプ 実践事例・ポスター良事例

私の大好きな近藤先生の資料もありましたね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここで紹介していたのは,このソフトでした。
ふりがなブラウザ App
価格:1100
ジャンル:教育

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「DO-IT School」と「魔法のランププロジェクト」成果報告会

昨日は東大先端研での「DO-IT School」と「魔法のランププロジェクト」成果報告会でした。

朝からたくさんの参加者が集まり,1階のホールはすぐに満席。

2階のサテライトで話を聞くという状況でした。

多種多様な実践発表はそれでも厳しい中邑先生からのツッコミを受けていましたが,中間発表会や学校視察を受けてその内容を充実させていったとのことです。

「DO-IT School」の内容はこちらのサイトに発表資料があります。

また,「魔法のランププロジェクト」の先生方の発表の多くは魔法キットのDVDに登場する先生方でした。

魔法キットの情報については,下記のYoutubeチャンネルに動画が掲載されているので,それを見るとイメージが付くと思います。

魔法のプロジェクトチャンネル


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

特別支援教育が特別なのではなく,私たちの実践が先導的に通常の学級で学ぶ小中学生の指導に生かされることが大切だと中邑賢龍さんはおっしゃっていました。

多くの特別支援学校の先生方は自信を持って欲しいし,そのためにもたくさん学んで欲しいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

音声読み上げソフト「きくまなぶ」と「Voice Dream Reader」

視覚障害者や読字障害者のためには,テキストが音声で読み上げてくれると大変便利です。

先日,紹介した「きくまなぶ for Kids」もそういった意味では有効なソフトですが,あいにくとiPhone対応だったので,iPadの画面にしてもただ拡大するだけでした。

ところが,ご要望をお伝えしたところiPad版を作成して下さいました。

現在,キャンペーン中で200400円のところ半額の100200円だとのことです。(すみません,金額を間違えていました)

気になる方はお早めに。

また,盲学校の先生からはこれも前に紹介した「Voice Dream Reader」が,画面の表示領域を狭くして,読み上げている領域だけ注目できる機能があって便利だということを教えて下さいました。

Img_0004

確かに,これは便利です。

前にはWindowsのソフトでルーラーソフトがあったんですが,現在は販売終了しているみたいです。

今後,こんなソフトが色々と出てくるといいですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「Voice Dream Reader」のお試し版はこちら
Voice Dream Reader Lite - Text to Speech App
価格:0
ジャンル:仕事効率化

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

1月は点字リテラシーの月(January Is Braille Literacy Month)

こちらより

January Is Braille Literacy Month


Googleくんのなんちゃって翻訳を頼りに私のトンデモ翻訳ですが

点字発明をした偉大なルイブライユは1809年の1月4日に生まれ43歳になる1852年1月6日に死亡したことにちなみ,1月は点字リテラシーの月であると書かれていました。

彼が,パリ盲学校で学んでいた頃にはまだ浮き出された墨字をそのまま扱っていたので,大変だったそうです。(こちらを見たところ,反転して図画版に入力しなければならなかったそうです)

Bookshareには,彼のことにについて書かれた電子本(テキストDAISY,点字データなど)が多数蔵書されているようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記によると偉大な発明家、教師、研究者であり、優れた音楽家だったと書かれていましたね。へえ音楽も堪能だったんですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

国会図書館、図書館向けにデジタル化した書籍や資料を送信

こちらより

国会図書館、図書館向けにデジタル化した書籍や資料を送信

記事では

国立国会図書館は1月21日、「図書館向けデジタル化資料送信サービス」(図書館送信)を開始した。

 図書館送信は、国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料について、公共図書館・大学図書館等にデジタル画像を送信し、各図書館で画像の閲覧等ができるようにするサービスとなっている。

としています。

検索をかけたところ下記のWebページでした。

国立国会図書館デジタルコレクション

ちなみに,

国立国会図書館の資料デジタル化に係る基本方針

というのがあり,

当面、画像データを作成する。ただし、目次情報はテキストデータ化し、検索の便に供する。デジタル化の方法については、適宜、見直しを行う。  なお、視覚障害者等への提供及び戦前の議会会議録の活用を視野に、本文テキストデータ化のための実証実験を行い、段階的な提供を目指す。

とのことです。

著作権等の処理の課題もあると思うので,どうやって保護するかも課題でしょう。

試しに,いろいろと調べたところインターネット公開しているデータについては一度に20ページまで印刷も可能でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の名前では何もヒットしませんでしたが,職場の名前ではたくさんヒットしています。 まあ,報告書を大量にWebで公開していますからね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

魔法のプロジェクト2014~魔法のワンド~
研究協力校募集要項

こちらから

魔法のプロジェクト2014~魔法のワンド~
研究協力校募集要項

今週の土曜日には魔法のプロジェクトの成果報告会がありますが,それに先だって来年度の募集要項が出ましたね。

以下引用

1.目的
特別支援学校・学級および通常学級に通う障がいのある子どもたちの学習・日常生活における携帯情報端
末活用事例研究「魔法のプロジェクト2014 ~魔法のワンド~」において、協力校の支援と、その成果を
広く普及させることを目的に実施します。

2.募集概要
応 募 資 格: 日本国内の特別支援学校、小中学校・高等学校の特別支援級およびインクルーシブ
       教育もしくは発達障がいの指導に取り組む学級、障害者職業訓練校、障害者能力開
       発校(障がいの種別、公立・私立は問いません)

募 集 期 間: 2014年1月21日 午後3時~2月24日 午後5時

応募方法・詳細: 以下のウェブサイトをご覧ください。
http://maho-prj.org/

選 考 結 果: 2014年3月初旬までに、各応募者に通知します。

貸 出 期 間: 2014年4月~2015年3月末(1年間)

協力校には各地域にて、活用事例を発表する研修会を任意で実施いただく予定です。

基本的な,貸出機器については同じようですが,通常学級にもその範囲を広げていることが特長ですね。

タイトルの”ワンド”というのがよく分からないのですが,要綱には『「魔法のワンド」というプロジェクト名称には、障がいのある子どもたちが携帯情報端末を日常生活で強力な武器として活用してほしいという願いが込められています。』

と書かれています。

知らなかったのですがFFなどのテレビゲームでは武器のことをワンドというみたいですね。

勉強になりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて,60組です。 今回も応募多数なんでしょうね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「障害者の権利に関する条約」の批准書の寄託

外務省のサイトです

「障害者の権利に関する条約」の批准書の寄託


いよいよ日本も「障害者の権利に関する条約」を批准することになりました。

これは,「これで終わった」のではなく「これからはじまった」ととらえた方がいいと思います。

まだまだ,権利が十分に守られているわけではありません。

特別支援教育関係者などはよく分かっているでしょうが,そうでない一般の人たち誰もが「よく分かっており実行できる」世の中になっていかないとなりません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

支援機器の活用はその大きな役割を果たすと思っています。 これからです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Gakkenワールド・アイ 映像で見る情報球儀

なんか面白いもの見つけました

Gakkenワールド・アイ 映像で見る情報球儀

1月14日のNHKのまちかど情報室で紹介されていたそうです。

ちょっとお高いですが,理科の教材としていいんじゃないでしょうか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Amazonだと3万円弱で売っているみたいです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マジカルトイボックス第37回イベントに参加して~自立とは

マジカルイベントに参加していただいたyagichan さんが ブログでイベントの紹介をしてくださいました。

マジカルトイボックス第37回イベントに参加して~自立とは

とても的確に,イベントのことをご紹介していただいております。

ぜひ次回も来ていただきたいところです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

デジタル教科書はどこに向かうのか

こちらより

デジタル教科書はどこに向かうのか

日経パソコンのオンライン記事です。

いつもお世話になっている光村図書の黒川さんのインタビュー記事です。

教科書会社さんはいろいろな制約の中でとっても頑張って仕事をしているとつくづく思います。

そんな中,今後土嚢用にデジタル教科書ができてくるのか,それは教科書会社だけで頑張っているのでは上手くいかない。

国や関係する企業,現場の教員や教育委員会がそれぞれ協力しなければいけないとデジタル教科書の研究を進めていくとつくづく思います。

この記事の最後に図があってそれにいかの項目が書かれていました。

学習者用デジタル教科書の一般化に向けた課題

・政策

・コスト

・インフラ

・標準化

・著作権

・教育観

こういったものを整理することが大切でしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国の政策ではいかの研究が進んでいます。 こちらでも,上記の課題について検討されているようですね。

デジタル教材等の標準化

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

表出するために その2

こちらより

表出するために その2

支援機器や自閉症の事について書かれているログでした。

この中で私が興味を持ったのは

人の助けがあればかなり複雑なやりとりができても、人がいなければできないという場合、それはその子にとって難しすぎるのです。子供が自力でできる簡単なものに戻しましょう。(「自閉症スペクトラムとコミュニケーション ー理解コミュニケーションの視覚的支援ー リンダ・A・ホジダン著 翻訳: 門 眞一郎 p.148)

支援機器は、確実性と信頼感があってこそ、使おうという気になりますよね。

メッセージ数は少なめで始めたほうがうまくいくことが多い。そして本人が気に入るもの、使いやすいと思うものの方が成功率が高まるということです。

というくだり。

とかく,支援者は様々な事をさせよう,表現を豊にしようと熱心になるが,本人がいかに楽にその機器を使得るようになるかという「本人視点」で考えなければ上手くいかない。

そんなことを教えてもらったブログです。

ぜひ参考にして下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学校の先生方は特に教育の文脈で高みを目指してしまいがちなので,気をつけましょう。

コミュニケーションと教育の文脈を上手く使い分けるのは大変ですが,できるだけ「本人目線」を忘れないことです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

幼児向け知育アプリ「ペットカフェ」が無料【1月19日版】アプリ・セール情報

こちらより

幼児向け知育アプリ「ペットカフェ」が無料【1月19日版】アプリ・セール情報

今だけ無料。

いつ,価格が変わるかは分かりませんので関心のある方はお早めに。

ダウンロードはこちら

ペットカフェ App
価格:0
ジャンル:教育


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ソフトの整理はなかなか難しいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

EPUB を アクセシブルにする13のTIPS(AAP EPUB 3 Implementation Project 報告書より)

こちらより

EPUB を アクセシブルにする13のTIPS(AAP EPUB 3 Implementation Project 報告書より)

すちゃらかコーダーさんのサイトです。

米国の出版団体 Association of American Publishers (AAP) のEPUB 3 Implementation Project 報告書を邦訳して下さりました。

とても参考になります。

こちらでは,その13のタイトルのみ転載させていただきます。

1. コンテンツと表現を分ける
  Separate content and presentation

2. 完全なナビゲーションを提供する
  Provide complete navigation

3. 可能なかぎり意味のある構造にする
  Create meaningful structure wherever possible

4. コンテンツ内のタグにセマンティックな情報を追加する
  Define the content of each tag

5. 表やテキストを表示するためではなく、絵や写真のためだけに画像を使用する
  Use images only for pictures, not for tables or text

6. 画像に説明と代替テキストをつける
  Use image descriptions and alt text

7. ページ数をいれる
  Include page numbers

8. 言語を指定する
  Define the language(s)

9. MathMLを使用する
  Use MathML

10. メディアコンテンツの代替物を提供する
  Provide alternative access to media content

11. インタラクティブなコンテンツをアクセシブルに
  Make interactive content accessible

12.アクセシビリティの情報をメタデータとして提供する
  Use accessibility metadata

13. 以上のベストプラクティスを組織がサポートする体制にする
  Make sure your processes support the above best practices

どれも,これから作られるであろうデジタル教科書の作成にあたって考慮してもらいたい事項です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たちがやっている研究もまとめの時期です。 これも参考にさせていただきます。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

特別支援教育におけるアシスティブテクノロジー活用研究会セミナー

以下の研究会を立ち上げました。

略称はSEAT(Special needs Education by Assistive Technology)といいます。

特別支援教育におけるアシスティブテクノロジー活用研究会セミナー

タブレット端末活用研修会

【日時】 2014年3月29日(土) 12:00〜17:00/ 30日(日) 10:00〜16:30

【場所】 国立特別支援教育総合研究所 研究管理棟

【主催】 e-AT利用促進協会SEAT

【対象】 特別支援教育関係教員

【目的】 特別支援教育に活用できるe-ATを実践的に学び,障害のある子どもの快適で実効性のある学校生活に役立てる研修会です。今回は,特にタブレット端末の活用について集中的に演習します。

【定員】 40名(初級コース20名,中級コース20名)

※初級コースはiPadの基本操作を中心にこれから授業に活用している教員が対象です。
iPadはこちらでご用意いたします。
※中級コースはiPadでの指導をすでに行っている教員が対象です。
iPadはご持参下さい。
【参加費】 20,000円(2日目の昼食代込) ※当日、受付にてお支払ください。

【時程】

3月29日(土)
12:00〜13:00 受付
13:00〜13:50 基調講演:金森克浩氏(国立特別支援教育総合研究所)
14:00〜14:50 ワークショップ1(コース別)
15:00〜15:50 ワークショップ2(コース別)
16:00〜16:50 ワークショップ3(コース別)
16:50〜17:00 事務連絡

3月30日(日)
10:00〜12:00 特別講演:青木高光氏(長野県稲荷山養護学校)
12:00〜13:00 昼食休憩
13:00〜13:50 ワークショップ4(コース別)
14:00〜14:50 ワークショップ5(コース別)
15:00〜15:50 ワークショップ6(コース別)
16:00〜16:30 閉会

(※ワークショップ以外は共通の講義となります。)

【宿泊】 宿泊の手配はいたしません。各自で近隣のホテル等にお泊まり下さい。
【食事】 2日目の昼食のみ、研究所の食堂にてご用意いたします。

※本研修会は2012年から開催しておりました「e-AT宿泊研修会」を改編して実施するものです。本年につきましては、会場において福祉情報技術コーディネーター認定試験は行いません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人数に限りがあるので,お申し込みはお早めに。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

“タブレットの入力方法”に注目した 『アプリ整理表』

高松養護学校の佐野先生にご協力をいただき下記の情報を紹介しました。

重度重複障害の子どものための
“タブレットの入力方法”に注目した
『アプリ整理表』の作成の試み


App_list

本リストは研究の一環として行われているので,ダウンロードするには簡単なアンケートにお答えいただくようになっています。

アンケートにお答えいただいた方にはダウンロードサイトをご紹介します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

期間限定の公開ですが,研究がまとまりましたら,正式なものを一般公開する予定です。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

家電を自由に操作するiOSアプリがつくれる『IRKit』

こちらより

家電を自由に操作するiOSアプリがつくれる『IRKit』

iPhoneやiPadから赤外線の機器をコントロールする機器とそのソフトの紹介です。

ソフトの方は自分で自由に作り替えることができるそうなので,子どもに分かりやすいデザインにすることも可能ですね。

ちなみに,これまでの赤外線機器で有名なのは

何でもIR

というのがありました。

こちらと同じような事ができますね。

これは,OAKとの組み合わせも出来る優れものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

残念ながらAmazonでは在庫切れみたいです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Webのユーザビリティ、アクセシビリティについて紹介するサイト

氏間先生がロービジョンの疑似体験ができるソフトを紹介して下さったのですが,それを掲載しているサイトの方がとても興味深かったです。

こちら

Website Usability Info

解説では

Website Usability Info は、Web ユーザビリティ、アクセシビリティ、情報アーキテクチャ (IA)、ユーザー中心設計 (UCD)、ユーザーエクスペリエンス (UX)、といった話題について、マイペースで綴るサイトです。

とても丁寧に情報が掲載されており,デジタル教科書ガイドラインの元はWCAG2.0ですから,書かれていることは参考にしたいものだらけです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ううん,今まで知らなかったのがとてももったいない。

ちなみに,ロービジョンの疑似体験記事はこちらです。

ロービジョンの「見えにくさ」を疑似的にシミュレーションできる Google Chrome アドオン「NoCoffee Vision Simulator」

 

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

[iPad] 大下博士の熱中算数教室 1年生: たし算、ひき算、時計の読み方を、徐々に学べる教材。3823

こちらより

[iPad] 大下博士の熱中算数教室 1年生: たし算、ひき算、時計の読み方を、徐々に学べる教材。3823


マジカル事務局谷本さんからのご紹介。

学年別に順番に教材が並んでいるので,使いやすいとのこと。

無料版でお試しもできますし,全学年揃えたい場合には全学年版もあるということなので,用途に合わせて購入するといいですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マジカルトイボックス第38回イベント,第39回イベント

マジカルトイボックスの第37回イベントも終わりましたが,次回次々回の予定もイベントも決まっています。

第38回イベント

(日時)2014年7月19日(土)
(場所)国立オリンピック記念青少年総合センター
(講師)青木高光氏(長野県稲荷山養護学校)


第39回イベント

(日時)2015年1月10日(土)〜11日(日)
(場所)国立オリンピック記念青少年総合センター
(講師)杉浦徹氏(長野大学)

以上となっております。

皆様,ご予定の上ご参加いただくようよろしくお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここのところ,信州の方々にお手伝いいただいているなぁ。 そうなるとその次はH氏かなぁ。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

第37回イベント,無事終了しました。

マジカルトイボックス第37回イベントは無事終了しました。

ご参加いただいた皆様,ありがとうございます。

ほどよい疲れがあったのではないでしょうか?

また,講師の先生方には大変お世話になりました。

熊谷先生からは以下の書籍を紹介してもらいました。

小川先生の講義資料はこちらになります。

近肢研を終えて。

また,杉本さんのi+Padタッチャーはこちらから購入できます。

i+Padタッチャー

また,導電ゲルはこちらから購入できます。


また,マジカルで紹介していたiPadのアーケードゲームはこちら

iPadのキーガードに使える硬筆習字用の下敷きはこちら

です。ご参考までに。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて,これからやり残した冬休みの宿題にかからないと・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

KeyNote講座

KeyNote講座
おがっちいきなり無茶振り


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

製作講座が始まりました


製作講座が始まりました

製作講座が始まりました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

AACセミナー

AACセミナー
熊谷先生のお話が始まりました


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マジカルトイボックス第37回イベント 1日目

みなさま

本日はマジカルトイボックス第37回イベントです。

ご参加いただくから,お気を付けて入らして下さい。

さて,本日のAACセミナーではこちら 熊谷先生にご講演をお願いしています。

#332 人生の指針とは何かと問うとき、多様でありえる自立が始まる

イベント全体の製作講座や宿泊などはすでに定員に達しているので,参加できませんが講演会については当日参加も可能です。

Webでのお申し込みをされていない人も当日来ていただければ,参加できますのでもしも時間の都合がつく方はいらして下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当日の何か緊急連絡はマジカルイベントメールアドレスまでご連絡下さい。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ガンホー、『パズドラ』に色弱向けオプションを近日実装

こちらより

ガンホー、『パズドラ』に色弱向けオプションを近日実装

ゲーム,特にオンラインゲームは教育関係者では賛否両論があるでしょう。

課金がされるためにいつの間にか高額請求をされてしまうとか,これにはまりすぎて勉強がおろそかになるとか。

逆に,ゲームを通じて学ぶなどというゲーミフィケーションなどと呼ばれることもあります。

まあ,そんな中,有名なオンラインゲームのパズドラが色弱者向けのオプションを実装するというニュース。

記事にあるように,実は色弱の人の割合はとても多いのです。

そういった意味では,困難のある人に目を向ける世の中になってきているのかなとも思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ,私は最近はほとんどゲームはやらなくなっているんですけど,少しは試してみたいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「SoundingBoardつくりかた」を「Teachme 」で紹介

SoundingBoardというのは,エーブルネットが作っている無料のVOCAソフトです。

これだけ高機能なソフトが無料で配布しているというのはとてもすごいことです。

しかし,やはりというか残念なことに,日本語化はされていません。

上記のようにjalpsjpさんがブログで使い方を紹介していますが,様々な活動を説明するTeachmeで使い方を紹介して下さった方いらっしゃいました。

「SoundingBoardつくりかた」

ですので,皆さん。

ぜひ両方のソフトをダウンロードして試してみて下さい。

ダウンロードはこちら

SoundingBoard App
価格:0
ジャンル:教育
Teachme App
価格:0
ジャンル:仕事効率化
Teachme iPad App
価格:0
ジャンル:仕事効率化


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

私の情報の収集の仕方と情報の捨て方

前にも書いた気がするんですけど,これが参考になる人もいるかもしれないので。

支援機器に関する情報ってインターネットを探すとたくさん存在しています。

しかし,それらを上手く探し出せない人もいます。

それはある意味,仕方がなくって「何が重要か」「どこに探しに行けばいいか」

という「視点」が定まっていないからだと思います。


ではおまえはどうなんだと問われると,私自身は30年近く「ずっと見続けてきた」からだと思います。

なので,どの情報が新しくって,どの情報が有効で,どの情報は前にも見たことがある

ということが,瞬時に選別できます。

しかし,そういった「訓練」をしていない人には時間がかかることでしょう。

そういった意味もあって,このブログをやっています。

いろいろな人にお話をする時に「まずは私のブログを見て下さい」とお伝えしています。

そうすると,全体の概要が分かってきます。

分かってくれば,自分自身で探し出していく力が付いていきます。

さて,では私はブログに何を載せているのでしょうか?

じつは,ブログに載せる前処理段階をしています。

ブログに載せるためのネタは主に3つです。

1.登録してあるブログから

2.FaceBookの友達の記事から

3.Webブラウズから

とくに,1番目の登録してあるブログはとても参考にしています。

ただし,これについては1日に300件ぐらいのメッセージが入っています。

それらは,ほとんど機械的に

読み飛ばし
をします。

そんなことをしたら,重要な記事を見落としてしまうのではないか,といわれそうですがそうなってもいいと思っています。

情報収集で重要な事は大切な情報を得ることではなくて「いらない情報を捨てること」だと思っています。

今は,情報化社会。

たくさんの情報がテレビでも新聞でもインターネットでも手に入れられます。

しかし,それらの情報はすべて必要な内容でないし,正確な情報でない可能性もあります。

ですので,読み飛ばしてしまっても再度私に向かって訴えかけている情報があるとすれば,それは重要な情報だと判断しています。

それよりも,必要無い情報をいかに捨てるか,それはある意味「潔さ」なんだろうと思います。

そうすることで,重要な情報が入ってくる。

ある落語家さんが「私のカバンには若干の余裕があります」といっていたように自分の懐に余裕がなければ新しい情報は入ってこない。

いかに情報を手に入れららるかを考えるためにも,いかに情報を捨てるかが大切だと思っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日から高知に来ています。

高知はやっぱり東京よりも気温が高いですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

視覚機能に困難のある子どものための視覚機能トレーニングソフト

こちらより

視覚機能に困難のある子どものための視覚機能トレーニングソフト

小学校の先生が作られたソフトです。

Windows版ですが,CDから起動できたり,USBから起動できたりと,使う人のことを考えて作られているのが秀逸です。

タブレットパソコンでも使えますが,基本はマウスでの操作の方が使いやすいようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学校の先生がこれだけのソフトを作ってしまうなんてすごいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

子ども向けWeb紹介サイト「キッズパーク」

こんなサイトを見つけました。

「キッズパーク」

サイトの紹介には

「KidsPark」は小学生のお子さんを持つ両親向けの『子ども向けサイト紹介サービス』です。」

と書かれていました。

サイトのサムネールとそのサイトの簡単な説明がありますので,サムネイルを見ながら,どこを見てみようかと検索するのにいいかもしれませんね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

官公庁やその他団体というカテゴリーもあるから,わが社も子ども向けサイトがあってもいいかもしれませんね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPad mini/iPad Airを不意の落下から守ってくれる耐衝撃構造の保護ケース

こちらより

iPad mini/iPad Airを不意の落下から守ってくれる耐衝撃構造の保護ケース


iPadもAirが出てサイズが変わってしまったのでこれまでのケースが使えません。

特別支援学校では様々な要因で落下の危険性は高いので,こういった保護ケースは必須です。

価格的にもそれほど高額ではないようなので,検討の余地があるかと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水濡れには対応していないので,ヨダレ等がある場合には別の対処が必要でしょうね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iOS7のスイッチコントロール(市販品コントローラ)

まほろばさんのサイトより

iOS7のスイッチコントロール(市販品コントローラ)

いつも参考にさせてもらっている まほろば さんのサイトです。

iOS7のスイッチコントロールを使うためには外部の操作スイッチが必要です。

海外の製品は多数ありますが,国内では「できiPad。」など少数です。

そこで,キーボードの改造などを試みる場合がありますが,これならとりあえず,買ってきて試すことができそうです。

ちなみに,先日のATACではトーキングエイド for iPadのスイッチインターフェースの改良型がユープラスのブースで展示されていました。

Img_2244


手前のボックスはi+Padタッチャー です。
紙の広告の方です。

テクノツールから販売される予定です。

まほろばさんのサイトで一番最初に紹介していたアーケードゲームはとりあえず,注文してみました。
今度のマジカルイベントでは参加の皆さんにご紹介できそうです。

Amazonではまだ在庫がありましたが,楽天では品切れでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テクノツールさんの製品が早く販売されないかな。 楽しみです。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「声シャッター」iPhoneカメラアプリで家族集合写真が楽しく撮れる

こちらより

「声シャッター」iPhoneカメラアプリで家族集合写真が楽しく撮れる

こえでシャッターが押せるソフトです。

真っ先にイメージしたいのは肢体不自由がありタップがむずかしいお子さんに,写真の係ができるかもしれないということです。

有料版なので,まだダウンロードしていませんが音声認識技術を使っているそうなので声を登録できるようなので,簡単な音声なら口音障害があって利用できそうな気がします。

ダウンロードはこちら

声シャッター - ハンズフリー&かんたんカメラ App
価格:100
ジャンル:写真/ビデオ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

姉妹ソフトでこんなのもありました。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ポコポコアニマル: 動きまわるアニマルちゃんをタップしよう。音と動きがとってもキュート♪無料。

こちらより

ポコポコアニマル: 動きまわるアニマルちゃんをタップしよう。音と動きがとってもキュート♪無料。

東北の特別支援学校を訪問した時に紹介してもらいました。

出てくる動物をタイミング良くタップすると声を出して反応してくれます。

アドオンを使うと,広告が非表示になるようです。


ダウンロードはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

iPad版はこちら

ポコポコアニマル for iPad App
価格:0
ジャンル:教育

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

小学校の算数を楽しく学べるiPadアプリ「わかる! 算数 小学2年 for iPad」

こちらより

小学校の算数を楽しく学べるiPadアプリ「わかる! 算数 小学2年 for iPad」

 

がくげいといえば教育ソフトの老舗です。

私も,Mac版のランドセルを授業で使っていました。

その時には学年別ですべての教科が入っていましたが,今回は教科ごとですので値段も低く設定できたのでしょうね。

無料のお試し版もありますので,まずはこちらから試してみてもいいと思います。

ダウンロードはこちら

わかる!算数 小学2年 for iPad App
価格:600
ジャンル:教育

無料版はこちら

わかる!算数 小学2年 Free App
価格:0
ジャンル:教育

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他の学年もありますね。

 

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

2014年 あけましておめでとうございます

2014年になりました

年を重ねるごとに,新年になった時の感動が薄れてくるようで,こんな事ではいけないと感じますが,これも忙しくしているせいなのかなとも思います。

たしかに,昨年の1年間は忙しく時が過ぎていたように思います。

差別解消法からはじまって障害者の権利条約批准など国が大きく変わった年です。

そして,合理的配慮とともに,私がライフワークとして取り組んでいるアシスティブテクノロジーに対する社会的な認識が高められようとしている年だったと感じています。

しかし,われわれ特別支援教育関係者だけが頑張っても世の中は良くならない。

もっと多くの一般の人に知ってもらい,その必要性を広めていくのがこれからだと思っています。

ちなみに,このブログは1日で1000件ぐらいのヒット数があります。

その1000人の人たちが100人の人に伝えても10万人。

義務教育段階の児童生徒数は1000万人ですからその関係者に影響を広めるには今の100倍のヒット数がなければ何ともならないかもしれません。

まあ,いきなり100倍になるはずもないので,とりあえず1日1万件ぐらいのヒット数になるブログになればと思います。

そうなるためには,質を高めることも必要でしょうね。

ブログの良いところは,即時性なのですが悪いところは一覧性と整理されていない面です。

これまで書いたものを,ある程度整理してWebにしたいと思っていますが,時間と技術がいるので別の形で実現するかもしれません。

なんにせよ,今年は新しいステージに進むようにしたいと思っています。

Title1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さん,本年もどうぞよろしくお願いします。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »