ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 表出するために その2 | トップページ | マジカルトイボックス第37回イベントに参加して~自立とは »

デジタル教科書はどこに向かうのか

こちらより

デジタル教科書はどこに向かうのか

日経パソコンのオンライン記事です。

いつもお世話になっている光村図書の黒川さんのインタビュー記事です。

教科書会社さんはいろいろな制約の中でとっても頑張って仕事をしているとつくづく思います。

そんな中,今後土嚢用にデジタル教科書ができてくるのか,それは教科書会社だけで頑張っているのでは上手くいかない。

国や関係する企業,現場の教員や教育委員会がそれぞれ協力しなければいけないとデジタル教科書の研究を進めていくとつくづく思います。

この記事の最後に図があってそれにいかの項目が書かれていました。

学習者用デジタル教科書の一般化に向けた課題

・政策

・コスト

・インフラ

・標準化

・著作権

・教育観

こういったものを整理することが大切でしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国の政策ではいかの研究が進んでいます。 こちらでも,上記の課題について検討されているようですね。

デジタル教材等の標準化

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 表出するために その2 | トップページ | マジカルトイボックス第37回イベントに参加して~自立とは »

おすすめサイト」カテゴリの記事

電子図書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/58971006

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル教科書はどこに向かうのか:

« 表出するために その2 | トップページ | マジカルトイボックス第37回イベントに参加して~自立とは »