ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« イヤーマフの代わりになるかな「デジタル耳栓」 | トップページ | 「紙より夢中になれる学習体験を」――進研ゼミでタブレット学習を本格導入 (1/2) »

教育に障害者視点を 岐阜市の教諭、自らの学習障害公表

岐阜新聞のWebサイトより

教育に障害者視点を 岐阜市の教諭、自らの学習障害公表

岐阜特支の神山先生の記事です。

ご自身も発達障害があり,とてもご苦労をされて教員になられています。

以前ご講演もお聞きしていましたが,とてもわかりやすくご自身の体験を語って下さいました。

学校の先生というのは。子どもとしての学びはあるので教科指導や通常の学級での学習活動は理解してもらえますが,障害のある子どもたちの学びや学習に躓きのある子どもの学びはなかなか実感できない。

実際そういった人は先生にはなりにくいですからね。

ですが,実はそういったことを疑似体験でも学ぶことは重要だと思っています。

そういった意味では神山さんのお話はぜひお聞きになるといいですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんなサイトもあります。
読み書き困難疑似体験

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« イヤーマフの代わりになるかな「デジタル耳栓」 | トップページ | 「紙より夢中になれる学習体験を」――進研ゼミでタブレット学習を本格導入 (1/2) »

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育に障害者視点を 岐阜市の教諭、自らの学習障害公表:

« イヤーマフの代わりになるかな「デジタル耳栓」 | トップページ | 「紙より夢中になれる学習体験を」――進研ゼミでタブレット学習を本格導入 (1/2) »