ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 情報化社会の新たな問題を考えるための児童生徒向けの教材、教員向けの手引書 | トップページ | Dyslexia Toolbox »

バリアフリー2014を振り返って

先週末はバリアフリー2014に行ってきました。

岡さんのブログによると昨年よりも展示数も増えたとのことで支援機器の活用が広がっているのかと思いましたが,そういうわけではなくって高齢者のための介護機器が増えているような印象です。

ですので,私の関心の高いコミュニケーション支援の機器はとても少ない。

かろうじて,視覚障害者のためのコーナーはまとまった場所を確保していますが,AAC関係のものはいろいろなところに分散していますし,パシフィックサプライ,アクセスインターナショナルといった一時期は大きなブースを持っていたところもほんの少しになっています。

そういった中で,岡さんのブログにもあった橋本義肢制作株式会社さんのPaletteは結構面白そうな環境制御装置の展示でした。

Img_2479


Img_2480

PCをベースにしているので,設定変更が容易になっているそうですが,このPCをパソコンとしては利用するので無くって,環境制御装置として専用機器として使うとのことでした。

パソコンって何でもできるので,いろいろな機能をてんこ盛りにしがちですが,早なるの不具合の危険性も高くなる。

でも,障害のある人の環境制御装置が動かなくなってしまったら,致命的です。

そんな意味では,割り切った使い方をした方がいいかもしれません。

それと,こんなものも作っていました。


Img_2481

人形の方ではなくって,ベッドのコントローラをサーボモータ(ソレノイドだったかな)で物理的に押して操作する機器でした。

これなら,改造しなくても使えるとのこと。

なかなか面白いアイデアですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

残念なのは商品のWebサイトがないことですね。

とりあえず,バリアフリー展で紹介しているのはこちら。

http://barrierfree.jp/outline/search_2014_detail/310/

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 情報化社会の新たな問題を考えるための児童生徒向けの教材、教員向けの手引書 | トップページ | Dyslexia Toolbox »

アシスティブ・テクノロジー」カテゴリの記事

イベント・研究会・展示会」カテゴリの記事

支援機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/59510104

この記事へのトラックバック一覧です: バリアフリー2014を振り返って:

« 情報化社会の新たな問題を考えるための児童生徒向けの教材、教員向けの手引書 | トップページ | Dyslexia Toolbox »