ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« バリアフリー2014 | トップページ | 幼児〜小児向け知育アプリ「ようトレ」 –  5〜7歳(年中〜小学2年)を対象にした右脳トレーニング知育ゲームです。もちろん大人の方のトレーニングにも使うことができます。 »

DO-IT School 2013成果報告書

こちらより

DO-IT School 2013成果報告書

これも,東大先端研が中心としてやっているDO-ITの活動報告書です。

今回は「ディスレクシアプログラム」と「OAKプログラム」の2つの活動についてあわせて17の事例が掲載されていました。

「ディスレクシアプログラム」ではいつもお世話になっている井上賞子先生の実践が秀逸です。

もちろん他の事例もいいのですが,やはり井上先生の事例は「見せる」内容になっています。

これは,これまでに何回も実践発表をされたり,報告書を作られてきたからだと思います。

そういった「伝える」事が先生方の実力を高めていくのだろうと思います。こういった,たくさんの人が見るようなものでなくても,学校の中でお互いの実践を紹介しあう機会はどの学校の先生にも必須だなとつくづく思います。

つぎに「OAKプログラム」ですが,高松養護学校の 佐野 将大さん,谷口 公彦の「トライ&エラー15選@高養」はとても興味深いです。

こういった実践報告だと「うまくいった」ということになりがちですが,お二人の実践はとても正直に自分たちがやったことを報告していると感じます。

また,報告の最後のいかの部分

(3)15のトライ&エラーから言えること
私たちがたくさんのエラーを生んだ要因の一つには、OAKを使うことで「今までとは違
う変化が起こるのか」「何が証明できるのか」といった点に関心が向き、取り組みのねら
いや仮説があいまいだったことがあげられる。また、実践②-2や②-3、②-4、③-1のよう
にねらいが明確な実践でも、事前検討の不足、評価の観点の不明確さのために十分な結果
につながらないものもあった。
今回、成果が上がった実践とそうでない実践を見直してみて、何のために何を確認して
いくのかという全体計画をしっかりともって活動設定ができていること、着目点や比較点
を徐々に明確にしながら取り組みを進められることが成果につながった要素だと考える。

新しい機器を見ると,それの良さに着目しがちですが,そうではなく「なんのための実践か」ということをよく考え,かつ事前検討の大切さや評価の観点を明確にすることなどが大切だということはOAKだけでなく,どの教育実践にも通じる要素だと言えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんにせよ,この実践は多くの先生に読んでもらいたいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« バリアフリー2014 | トップページ | 幼児〜小児向け知育アプリ「ようトレ」 –  5〜7歳(年中〜小学2年)を対象にした右脳トレーニング知育ゲームです。もちろん大人の方のトレーニングにも使うことができます。 »

Windows」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

アシスティブ・テクノロジー」カテゴリの記事

イベント・研究会・展示会」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

支援機器」カテゴリの記事

教科書」カテゴリの記事

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/59487915

この記事へのトラックバック一覧です: DO-IT School 2013成果報告書:

« バリアフリー2014 | トップページ | 幼児〜小児向け知育アプリ「ようトレ」 –  5〜7歳(年中〜小学2年)を対象にした右脳トレーニング知育ゲームです。もちろん大人の方のトレーニングにも使うことができます。 »