ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 【総務省】医療機関における携帯電話等の使用について | トップページ | マジカルトイボックスの製作講座 »

赤堀 侃司 先生 講演 デジタル教材と学習効果               ~ 主に言語教材の研究から ~

ベネッセさんのサイトより

赤堀 侃司 先生 講演 デジタル教材と学習効果
              ~ 主に言語教材の研究から ~

(前編)
(後編)

情報教育の第一人者である赤堀先生がこれまでのコンピュータ利用教育についてとてもわかりやすく整理されています。

引用させてもらうと

1. ドリルタイプの教材は、練習量に効果は比例する。
2. マルチメディア教材は、視聴覚的に効果があり、動機付けに役立つ。
3. シミュレーションは、学習意欲の低い子どもへの動機付けには効果的である。
4. ロールプレイ教材の効果を高めるには、学習者に課題意識を持たせることが重要である。
5. 実体験で必要な知識は疑似体験させて学習することで、より学習効果が高まる。
6. 「飽き」への対応は、人が関わる以外で、決定的な解決策は見つかっていない。

とのこと,特に気になるのは学習意欲の低い子どもにその効果があるという点です。

障害のある子どもたちはその困難性から学習に対しての意欲が低下しがちです。

それは,学習内容が彼らにとって分かりにくくなっていたり,アクセシビリティその他の配慮がされていないことも多くあります。

しかし,コンピュータなどのマルチメディア教材は彼らにとって理解しやすい形になっている可能性がある。

デジタル教材は支援を必要としている子どもたちにこそ,有効なのではと思いました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


やはり,デジタル教材を使うことで「学びのスタイル」を見直すことが大切なのだと思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので


« 【総務省】医療機関における携帯電話等の使用について | トップページ | マジカルトイボックスの製作講座 »

情報教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【総務省】医療機関における携帯電話等の使用について | トップページ | マジカルトイボックスの製作講座 »