ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 「なんでもワイヤレス」販売開始 | トップページ | 特別支援学校におけるタブレット端末活用事例(東京都) »

デジタル教科書最前線 --教科書の電子化は障害のある子ども達にどのような効果をもたらすか--

以下のようなシンポジウムに参加することになりました。

デジタル教科書最前線

--教科書の電子化は障害のある子ども達にどのような効果をもたらすか--

開催趣旨

 文部科学省の「学びのイノベーション」事業や高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部のアクションプラン等において、教科書のデジタル化や教育におけるICT活用が活発に議論されている。これらの動向を受け、デジタル教科書やタブレット型情報端末を用いた教育実践への関心が高まっている。そこで、本シンポジウムでは、デジタル教科書に関する最新の動向について、開発の最前線におられる東京書籍株式会社の高野勉氏、光村図書出版株式会社の森下耕治氏から話題提供していただく。また、障害のある子ども達にとってデジタル教科書を使いやすくするためにどのような配慮が必要かについて、独立行政法人国立特別支援教育総合研究所の金森克浩先生に問題提起をしていただく。

内容

日時:2014年6月28日(土) 10時30分~12時30分(開場:10時)
場所:慶應義塾大学 日吉キャンパス 第8校舎1階 812教室
プログラム 司会:永井 伸幸(宮城教育大学)
開場:10時
10時30分~10時40分 主旨説明(中野 泰志;慶應義塾大学)
10時40分~11時10分 話題提供1「デジタル教科書のアクセシビリティ・現在と近未来」(森下 耕治;光村図書出版株式会社)
11時10分~11時40分 話題提供2「特別支援を必要とする学習者に配慮した電子教科書の試み」(高野 勉;東京書籍株式会社)
11時40分~12時10分 指定討論「アクセシビリティのあるデジタル教科書作成の課題」(金森 克浩;国立特別支援教育総合研究所)
12時10分~12時25分 全体討論
12時25分~12時30分 閉会の挨拶(氏間 和仁;広島大学大学院)

というような感じです。

こちらからメールまたはFAXで参加できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご都合がつけばお越し下さい。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので


« 「なんでもワイヤレス」販売開始 | トップページ | 特別支援学校におけるタブレット端末活用事例(東京都) »

イベント・研究会・展示会」カテゴリの記事

特別支援教育」カテゴリの記事

電子図書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/59806374

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル教科書最前線 --教科書の電子化は障害のある子ども達にどのような効果をもたらすか--:

« 「なんでもワイヤレス」販売開始 | トップページ | 特別支援学校におけるタブレット端末活用事例(東京都) »