ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 夏の研究会・学会情報8「Japan AT フォーラム」 | トップページ | 佐賀県におけるWindowsタブレットの活用は失敗か? 成功か? »

LINEを使ってコミュニケーション(自閉症の息子と1年半使ってみて)

キートンコムさんのブログより

LINEを使ってコミュニケーション(自閉症の息子と1年半使ってみて)

奥様のはーにゃさんの書き込みからです。

自閉症のお子さんとのコミュニケーションに目の前にいるにもかかわらず,LINEを使ってのコミュニケーションの方が音声でのコミュニケーションの方が通じるというお話し。

これって,おめめどうさんのお話しメモに通じる事ですが,これを呼んでいて思いだしたのが福祉システム研究会のULACS

聴覚障害者のための至近距離でのコミュニケーションシステム。

RS232Cという,今となってはレガシーなインターフェースでコンピュータ同士をつなげげてのコミュニケーションのシステムです。

20年以上前に開発されたシステム。

今となっては,こんな事をしなくても携帯電話のチャット機能があれば,複数の人と簡単にチャットできるようになりますが,当時としては画期的でした。

それともう一つは,パソコン通信。

ネットを介しての通信は,視覚障害者と聴覚障害者のコミュニケーションでは面と向かって話をするよりもよりスムーズに会話が可能だったので,チャットルームで会話をしたことも良くありました。

また,肢体不自由の養護学校にいた当時に生徒との会話も面と向かって話をするよりもメールの方がより円滑にコミュニケーションできました。

以前は,障害のある人のための特別な機器として使っていたものが,今は一般の機器やソフトが沢山あり,それらを使うことで,コミュニケーションに困難のある様々な人たちの便利な道具になっている感じです。

ダウンロードはこちら

LINE App
価格:0
ジャンル:ソーシャルネットワーキング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中高校生のLINEでのトラブルが取りざたされますし,実際に考えなければならない情報モラルの課題も多いとは思います。

ですが,だから使わないという選択でなく,より積極的に便利な機能を利用していったうえで,課題についても考えていった方がいいのではと思いました。


ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 夏の研究会・学会情報8「Japan AT フォーラム」 | トップページ | 佐賀県におけるWindowsタブレットの活用は失敗か? 成功か? »

Android」カテゴリの記事

iPhone,iPad」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

アシスティブ・テクノロジー」カテゴリの記事

支援機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/59900212

この記事へのトラックバック一覧です: LINEを使ってコミュニケーション(自閉症の息子と1年半使ってみて):

« 夏の研究会・学会情報8「Japan AT フォーラム」 | トップページ | 佐賀県におけるWindowsタブレットの活用は失敗か? 成功か? »