ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« Cause and Effect ソフト Light Box が無料でダウンロード | トップページ | 夏の研究会・学会情報2「大阪府支援教育研究会ICT活用プロジェクト夏期講座」 »

タブレットを使うことが目的ではなく,何を解決させたいかが目的,でも使わなければ始まらない・・・

先日紹介した東京都のタブレット活用の事例

特別支援学校におけるタブレット端末活用事例(東京都)

これに対してパンダパパさんがコメントを入れていました。

特別支援学校でタブレット事例が増えてきた

引用させてもらうと

2年前なら、先進事例だったのでしょうけど、やっていることや使っているアプリは、あんまり変わってませんね。
殆どの事例で、iPadを使うことが目的化しているんですよ。教育委員会や学校としてはそれでも良いのだけど、障害児の保護者としては利用に関する、苦労対効果が知りたいですよ。事例見ていると、効果は低そう。

大切な指摘ですね。

私がいつもいろいろはところにお話しさせていただいているのは「使うのが目的」ではなく「何を実現させたいのか」「子どもたちがどんなことで困っているか」を考えて。とお伝えしています。

今は,タブレット端末がとてもはやってきていますので,その魅力に目が奪われ,「使えば何かいいことがあるみたい」という話になってきている。

確かに正しいと思うし,違っているともいえる。

パンダパパさんはその答えとして

中には、デメリット、課題、苦労する点をリストアップしている事例もあり、そんな事例こそ重要で目をさらにして私は読みました。

と書いています。

よく言われるのに「ベストプラクティス」というのがあり,好事例とかいわれるものがあります。

ですが,それに行き着くためには実はたくさんの「失敗事例」があるはず。

それは多くの場合表に出ない。

なので,皆さんは良い事例と思ってマネしてしまう。

でも,それって表面をさらっているような感じで,その奥底にある,「コツ」みたいなものに触れていないような気がします。

なので,もしかすると,「好事例」じゃなくって「失敗事例集」なんてのがあってもいいのかもしれません。

その方が,多くの参考になるのかも。

そういった意味では,先日紹介した

福祉のまちづくり研究所「携帯情報端末を活用した支援のヒントブック -特別支援学校や知的障害児施設でのiPod touch、iPadの活用-」

に紹介されている「失敗から学ぶ」という項目はとても素晴らしい気がします。

いかのそういったものを整理できるかがカギのような気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もちろん,良い事例を集めることも,とても重要だと思いますよ。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« Cause and Effect ソフト Light Box が無料でダウンロード | トップページ | 夏の研究会・学会情報2「大阪府支援教育研究会ICT活用プロジェクト夏期講座」 »

Android」カテゴリの記事

iPhone,iPad」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

アシスティブ・テクノロジー」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/59819658

この記事へのトラックバック一覧です: タブレットを使うことが目的ではなく,何を解決させたいかが目的,でも使わなければ始まらない・・・:

« Cause and Effect ソフト Light Box が無料でダウンロード | トップページ | 夏の研究会・学会情報2「大阪府支援教育研究会ICT活用プロジェクト夏期講座」 »