ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

児童用iPad全台にインストールしているアプリ(1)(2)

こちらより

児童用iPad全台にインストールしているアプリ(1)

児童用iPad全台にインストールしているアプリ(2)

素晴らしい,こうして紹介しているサイトはなかなかありません。

けっこう知っているソフトがあるのですが,これのシリーズは知りませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずはお試しあれ

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

iPadを買ったらまず入れたい10のソフト(2014年版)

先日 有料だけどとりあえず無料で入れておきたいiPadアプリ一覧を作りました。

それらは,とりあえず無料なので押さえたいソフトですね。

それ以外に,無料で手に入るソフトの中で2012年に iPadを買ったらまず入れたい10のソフト
というのを書きました。

しかし,時代もだいぶ過ぎてきましたので,重なるソフトも多いですが今の時点での私のオススメフリーソフトをリスト化してみたいと思います。

(1)iLoveFireworks Lite/打ち上げ花火

iLoveFireworks Lite/打ち上げ花火 App
価格:0
ジャンル:エンターテインメント

(2)Pocket Pond

Pocket Pond App
価格:0
ジャンル:エンターテインメント

やっぱりこれらは外せませんね。肢体不自由特別支援学校の重度のお子さん向けにはオススメです。

(3)SoundingBoard

SoundingBoard App
価格:0
ジャンル:教育

AbleNet社が開発したVOCAソフトです。以前は有料だったのですが今は無料で手に入ります。
英語での表現には抵抗がありますが,スイッチにも対応しますし高機能で,教材作成にはぴったりです。

(4)Countable 10

Countable10 App
価格:0
ジャンル:教育

沖縄県の教育委員会がプロデュースして作ったソフト郡の1つです。

このほかにも 特別支援学校用のiPadソフト集

など,優秀なソフトがあります。検索キーワードは "KUNIKEN" で探すといいです。

(5)にほんご-ひらがな

にほんご-ひらがな App
価格:0
ジャンル:教育

このソフトも定番ですね。また,この会社はシリーズでひらがなだけでなく,感じのソフトなどたくさん出しています。また,ユーザーの要望で教科書体を選べるようになっています。

(6)FracCalc

FracCalc App
価格:0
ジャンル:教育

初紹介のソフトかな?先日のマジカルイベントで筑波大学と付属の桐が丘特別支援学校の先生が紹介していた計算学習のソフトです。肢体不自由児向けにキーが大きくなっていますし,分数が簡単に表示できるようになっています。今後のバージョンアップが期待できます。

(7)あいとーく

あいとーく App
価格:0
ジャンル:メディカル

「あいてる」とともに鳥研で開発された,まばたきでの入力操作ができる肢体不自由社向けの意思伝達ソフトです。

このような優秀なソフトが無料で手に入るなんて素晴らしいですね。

(8)ダァシェリエス

ダァシェリエス App
価格:0
ジャンル:エンターテインメント

おがっち的、神アプリで紹介した,脱力系ソフトです。

実用上の効果はありません。ですが,たくさんの人を楽しませてくれるという意味では入れておいてそんはないソフトです。

(9)タッチカード

標準のカードでもアドオンを入れても楽しいソフトです。

(10)筆談パット

筆談パット App
価格:0
ジャンル:仕事効率化

非常にシンプルなソフトですが,聴覚障害のある方との対面でのコミュニケーションに使えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もっともっとありますが,まずはこれらと前回の有料だけど無料で手に入れるソフトを入れればいいかと思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

信州特別支援教育カンファレンスの申込みが始まりました。しかし魔法とは微妙な関係のようです

信州特別支援教育カンファレンスの受付が始まりました。

申し込み受付開始!
受付が始まってすぐなのにすでに29人もの申込みがあるようです。

上田ではたくさんの人たちにお会いできそうです。

さて,この信州特別支援教育カンファレンスは参加費2000円で全日,1日のみの参加なら1000円です。

ところが,共催をしている「魔法のワンドプロジェクト全国セミナー」の部分のみの参加なら無料で参加できます。

魔法のワンド全国セミナー

ここら辺,ちょっと仕組みがむずかしくて以下のようになっているようです。

●2日目の魔法のワンドプロジェクトしか聞かないつもりで,すでに魔法のプロジェクトに申し込んでいる人    (参加費無料)

●2日目の魔法のワンドプロジェクトしか聞かないつもりでいたけど,魔法のプロジェクトに申込みし忘れた人は1日のみの参加申込みが必要(参加費1000円)

●2日間しっかり聞くつもりの人で2日目に魔法のワンドプロジェクトに参加する人(参加費2000円)

という感じになっています。

これを見ると2番目の魔法のワンドプロジェクトへの申込みをし忘れた人がちょっと可哀想。

なので,上記の告知があったのだと思います。

さてではおまえはどうなのだ?

ということですが,その告知の対象の人で,すでに魔法のワンドプロジェクトに申し込んでいました。また信州カンファには,上記の3つめの全日参加のつもりでした。

というわけで,申込み確認メールを再度開いてキャンセルしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今確認したんだけど,申込み確認メールには「魔法のランプ全国セミナー受付完了メール」って書かれていました。使い回していたのが直していなかったんですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

読むだけでも勉強になる「魔法のワンド 全国セミナー 事例発表者および発表資料」

先週から魔法のワンドの全国セミナーが始まっています。

それに併せて,発表の資料が即日掲載されていました。

魔法のワンド 全国セミナー 事例発表者および発表資料

今回は最後の長野しか聞きに行けないので,いろいろな人にいくように薦めていたのですが,Webで資料の方が公開されているので,どんな内容があるのか分かってとても勉強になります。

中邑賢龍さん,佐藤さんの資料は共通のデータのようですが各地でのは票はそれぞれ違った方がお話しをされるので,様々な事例があってとても参考になります。

こうやって回を重ねていくと,「使ってみた」というような実践はもうないですね。

見ていって思うのは

●利用しないときと比較してどうだったのか

●今できることのアセスメント

●データをとって評価すること

というのがしっかりされていると感じます。

きっと,先端研からのアドバイスもあるのでしょうけど,前から参加している先生方がチューターのような役割を担っているのでしょうね。

今は,いろいろな学校にタブレット端末が普及してきていますので,参加校だけでなく多くの学校の先生が参考にしていけるととても良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ますます面白くなってきましたね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Keynoteで教材作り

iPad用のKeynoteの使い勝手が台分良くなってきました。

いろいろなところで,これで教材作りをしているようです。

そこで,オススメのサイトを3つ紹介しておきます。

Keynoteで教材作り
Keynote

同僚の新谷研究員が作った教材製作資料です。

出典はこちら

北海道特別支援教育ICT活用PJ

●iPad対応の自作教材集

桑ぴょんさんのサイトより
使える素材が掲載されています。


●Keynote講座資料~もしも・・Keynoteが使えるようになったなら~
Photo

マジカルイベントでもお世話になったおがっち さんのブログです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんでこんな事を書くかといったら,今週の研修会で使うからです。

ネタバレなんですけど,けっこう書いていても見ていない人は見ないんですよね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので


日本特殊教育学会 第52回大会

特殊教育学会のプログラムが発表になりました。

日本特殊教育学会 第52回大会

私はここ数年ICT・AT関係の自主シンポジウムを開かせてもらっています。

自主シンポジウム28
9月20日(土) 16:30~18:00
323教室

特別支援教育における ICT 及びアシスティブ・テクノロジーの活用(4)
-高知県における地域支援モデルを中心に-

企 画 者:金森 克浩(国立特別支援教育総合研究所)
司 会 者:新谷 洋介(国立特別支援教育総合研究所)
話題提供者:長沼 俊夫(国立特別支援教育総合研究所)
正木 生子(高知県立高知若草養護学校)
松本 敏子(土佐市立宇佐小学校)
指定討論者:丹羽 登(文部科学省)
金森 克浩(国立特別支援教育総合研究所)

今回は初日に開かれます。
ご都合がつくようならご参加下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高知は,いろいろな意味で学ばせてもらっています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

DO-IT Japan夏季プログラム特別企画・一般公開シンポジウム

こちらより

DO-IT Japan夏季プログラム特別企画・一般公開シンポジウム

毎年やっているDO-ITの公開シンポジウムです。

いつも参加しているのですが,今回はちょっと別の予定が入っているので参加がむずかしそうです。
残念。

以下引用


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
DO-IT Japan夏季プログラム特別企画・一般公開シンポジウム
「試験の合理的配慮を実現するICT活用の具体的モデル」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

発達障害(読み書き障害や書字障害),肢体不自由,視覚障害等,障害のある児童生徒にとって「紙と鉛筆の試験」は大きな問題です。例えば,答案の筆記にワープロが使えたり,問題を読むときに音声読み上げ機能が使えたりと,障害のある生徒が差別なく参加できるような配慮が合理的配慮として認められない場合,試験は高校や大学への進学を阻む社会的障壁となります。

障害者差別解消法の可決成立に続き国連障害者権利条約が批准され,2016年4月から教育場面での合理的配慮の提供が義務化されることになりました。インクルーシブな教育の実現に向け,全国の教育現場の状況は急速に動き始めていますが,試験での合理的配慮としてのテクノロジーの利用にも具体性が必要です。

DO-IT Japanでは2007年から,児童生徒とともに,高校や大学の入試選抜で,ワープロや音声読み上げといったテクノロジー利用の可能性について実践を積み重ねてきました。本シンポジウムでは,障害のある児童生徒が受験する上で必要な配慮があり,かつ他の生徒と不公平とならないよう配慮した環境を全国の学校でICTで構築できるよう,具体的な活用モデルを提案します。

またシンポジウムの終わりに,DO-IT Japan 2014夏季プログラムの修了証授与式を行います。今年のスカラーたちに暖かいご声援をいただければ幸いです。

<開催概要>
日時: 2014年8月7日(木) 13:30~17:00

場所:東京都目黒区駒場4丁目6番1号
 東京大学先端科学技術研究センター
 3号館南棟ENEOSホール (一般公開シンポジウム)
 4号館2階講堂 (交流会)
 地図: http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/maps/

参加予約:必要
参加費:無料(交流会参加者のみ軽食費千円を当日懇親会会場にて申し受けます)
※当日の会場には要約筆記による情報保障あり,車いすでの会場への入場可能

主催:DO-IT Japan,東京大学先端科学技術研究センター
後援:文部科学省,厚生労働省

<プログラム>
■ 13:30 - 15:00 シンポジウム前半

 話題提供
 「高校・大学入試における合理的配慮とテクノロジー利用の実際
 ~WindowsやWordなど一般的ICTを利用した環境構築の実例を提案~」
   近藤 武夫(東京大学先端科学技術研究センター・准教授)
   巖淵 守(東京大学先端科学技術研究センター・准教授)
   平林ルミ(東京大学先端科学技術研究センター・特任助教)
   新谷清香 (東京大学先端科学技術研究センター・学術支援専門職員)
   DO-IT Japanスカラー
   DO-IT Japan保護者

■ 15:00 - 15:20 休憩

■ 15:20 - 16:30 シンポジウム後半

 ディスカッション
 「全国の高校・大学入試での合理的配慮としてのテクノロジー利用の今後」
   [司会] 中邑賢龍(東京大学先端科学技術研究センター・教授)

■ 16:30 - 17:00 「DO-IT Japan 修了証授与式」
   [司会] 西村幸夫(東京大学先端科学技術研究センター・所長)

 *来賓の方々からのご挨拶を含みます
   渡辺正実(文部科学省高等教育局学生・留学生課 課長)
   文部科学省初等中等教育局特別支援教育課(調整中)
   加治佐俊一(日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 最高技術責任者)
   加藤晋平(ソフトバンクグループ/株式会社エデュアス 取締役)
   富士通株式会社(調整中)
   長谷川寿一(東京大学 理事・副学長)

■ 17:30 - 19:00 
  「公開シンポジウム・DO-IT Japan参加者の交流会」
   ※交流会参加者は,軽食費千円を当日懇親会会場にて申し受けます

<お問い合わせ>
DO-IT Japan事務局
〒153-8904 東京都目黒区駒場4-6-1
東京大学先端科学技術研究センター 3号館309
電話: 03-5452-5064
Fax : 03-5452-5064
メール: inquiry@doit-japan.org


以上

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それにしても魔法のプロジェクトもあるのに忙しいですね。先端研は。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「インクルーシブ教育システム構築支援データベース」42事例が公表されました

こちらより

インクルーシブ教育システム構築支援データベース

国立特別支援教育総合研究所が文部科学省の「インクルーシブ教育システム構築モデル事業」において取り組まれている42の実践事例を整理公開しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関係する情報棟も書かれています。ぜひ,ご活用下さい。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

知的障害児向けアプリを学校に導入する前に知っておくべき3つの落とし穴

こちらより

知的障害児向けアプリを学校に導入する前に知っておくべき3つの落とし穴

パンダパパさんのブログです。

保護者の目線から,また開発者の視線から鋭く書かれていて,学校の先生にはないとても参考になる考察が書かれています。

特に,私自身の課題として

「全体を理解して提言する識者がいない」というのはとても耳が痛いです。

われわれ研究者が情報を整理し,効果についての評価もしないといけませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

有料だけどとりあえず無料で入れておきたいiPadアプリ一覧

iPadのアプリは無料のソフトが沢山あり,それなりに使えます。

ですが,やはり本当に良いソフトは有料版の方が使い勝手とかオススメだと言えます。

ですが,学校の予算措置の関係で有料版が入れられないとか,どうしようかとまずは試してみたいという人もいることでしょう。

そんなわけで,有料版だけどお試し版の無料版があるアプリ一覧を作ってみました。

まずこれではお試し下さい。

DropTalk HD Free App
価格:0
ジャンル:教育

何はともあれ,これでしょう。

ボードが1つしか作れませんが個人使用なら1つだけでも十分かも。

トーキングエイドのテキスト版とシンボル版はまずは無料版で試してから,10回の試用をした後にライセンスを追加する形になっています。

ライセンスを追加しなくても試すことはできますので,そのまま入れられます。

ライセンスが高額なんですが,以下のバージョンなら少し安くなります。

ボイス オブ デイジー LITE App
価格:0
ジャンル:ブック

ご存じデイジー読み上げソフトです。

機能制限がありますが,どんなことができるか,これで確認できます。
データはデイジーコンソーシアムからダウンロードできます。

このソフトはスイッチ対応になっています。重度のお子さんでも活動に参加できるという点ではとてもオススメ。

プロ版もありますが,無料版のこちらでも教材が作れます。

使い方はこちらを参照下さい。

Matching Puzzles for Kids App
価格:0
ジャンル:教育

アプリ内課金があって機能強化できるようになっています。
これの高機能版,Switch Accessible Puzzlesはとてもオススメなんですが,まずはこちらをお試し下さい。

たっちゃんのコネク島シリーズはPC版として売られていたもののiPad版です。
まずは無料のこちらから。

UPAD Lite App
価格:0
ジャンル:仕事効率化

肢体不自由の特別支援学校や発達障害のあるお子さんへの利用では定番になりつつあります。
PDFデータで教材などを取り込んで簡単に文字を追記できますし,クラウドでデータ共有できます。

Geometry Pad App
価格:0
ジャンル:教育

上記と同様で図形やグラフを書くのにはオススメです。

常用漢字筆順辞典 FREE App
価格:0
ジャンル:辞書/辞典/その他

文字を調べるのでも文字学習としても使われています。

かなトーク App
価格:0
ジャンル:ユーティリティ

高機能版は10000円以上しますが,まずはこちらから。

これなぁに? HD無料版 App
価格:0
ジャンル:教育

このソフト,実はデータが追加できるのでちょっと遊ぶにはとてもいいです。

おえかキロクLite App
価格:0
ジャンル:ゲーム

広告が出ますがまずはこちらから。これを文字指導で使われている先生がいます。

Sound Touch Lite (サウンド-タッチLite) App
価格:0
ジャンル:教育

無料版でもけっこう楽しめます。

Voice Dream Reader Lite - Text to Speech App
価格:0
ジャンル:仕事効率化

とても優秀な音声読み上げソフトです。
PDFやEPUBなども読み上げられます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずはこれらでお試し下さい。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

皆さんに感謝

本日は外で仕事をしていたので,まともな記事が書けませんが自分のノルマもあり1エントリー

出かけていて思うのは仲間のありがたさ。

自分だけではどうにもならないことを周りの人がしっかりフォローして下さいます。

研究の仲間だったり,職場の同僚だったり,家族だったり,マジカルの仲間だったり。

そういった人たちに支えられて自分があることを感じるのは外にで分かることです。

皆さんありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと疲れ気味ですが,頑張ります。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

教育現場でiPadが選ばれる5つの理由

こちらより

教育現場でiPadが選ばれる5つの理由

一般社団法人iOSコンソーシアムの方が書かれていますから,割り引いて考えなければなりません。

それでも,うなずけることが沢山あります。

こちらでは,とりあえず,そのタイトルのみ引用。

1.電池の持ちの良さ

2.圧倒的に充実しているアプリ群

3.セキュリティ面での安心感が強い

4.実はトータルコストを考えると安い

5.同一アプリや設定の一括投入が容易に行える

私が,いろいろなところでiPadとは限らず,タブレットPCの良さを紹介しているのはいかのような面です。

使い始めるまでにかかる時間が短い

シンプルに使えるソフトが多く,手軽に追加して使える

入力や操作の方法が直感的であり,知的障害をはじめとした様々な障害のある子どもたちにも理解しやすい

重なる部分もありますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

特別支援教育の部分については,解説した方がいいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

奈良教育大学/ICT活用がテーマの「特別支援教育セミナー」を8月開催

夏の研究会情報その11ですね。

奈良教育大学/ICT活用がテーマの「特別支援教育セミナー」を8月開催

以下引用

日 時:8月12日(火)13:30~17:00
会 場:奈良教育大学 次世代センター2号館 奈良県奈良市高畑町
定 員:100名(先着順)
参加費:無料
申込締切:8月4日(月)

とのことです。
講師は支援機器普及促進協会の高松崇代表と鳥取大学医学部大学院医学系研究科臨床教育センターの大羽沢子協力研究員とのことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は,これはシリーズになっているようで私も来年呼ばれています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

イベント参加ありがとうございました。来年のご参加もお待ちしています。

マジカルトイボックス第38回イベントにご参加いただいた皆さん。

ありがとうございました。

これをきっかけにして,学校での実践に生かしていただければと思います。

さて,来年のイベント予定が決まりましたので,ご連絡します。

第39回イベント
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
日時:2015年1月10日(土)〜11日(日)
講師:杉浦徹氏(長野大学)

第40回イベント
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
日時:2015年7月18日(土)
講師:外山世志之氏(東京都立町田の丘学園)

となっております。

ぜひ,カレンダーへの登録をお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イベントのご案内は10月頃になると思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ユープラス



アシストアイ



マジカルコーナー






産総研



製作講座






キートンコム



アクセス



I WANT



福祉情報教育フォーラム



わいわい文庫



筑波大学



ドロップレットプロジェクト



テクノツール



こことステップ



パシフィックサプライ



エスコアール



おめめどう



レインボープロジェクト



神奈川県総合リハビリテーションセンター



島田療育センターピコピコルーム



工房たーちやんのおうち



クレアクト(トビー)



黄昏スイッチクラブ



AACセミナー



会場準備しています



マジカルトイボックス第38回イベント 当日です!

イベント参加者の皆さん

いよいよ第38回イベントです。

本日の天気は雨のち曇り。

それほどたくさんは降らないようなので,びしょ濡れで困るということはなさそうです。

すごしやすい気温だと思います。

気をつけてお越し下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何かあれば,マジカルのメールアドレスまでご連絡下さい。

http://www.magicaltoybox.org

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マジカルトイボックス第38回イベント前日のご案内

いよいよ明日は第38回イベントです。

参加する方,参加しようという方へのご案内です。

●AACセミナー,製作講座は事前申し込み制です。

102号室での受付では,必ずお名前をお伝え下さい。

また,参加費の振り込みを忘れている方はその点を伝えて下さい。

Webでの申込みをしたはずなのにメールが届いていない方。もしかすると,迷惑メール設定になっているかもしれません。また,設定間違いがあるかもしれません。受付にてご確認下さい。


●機器展示は309号室です。

受付は12時からです。
上記のAACセミナー,製作講座に申し込んでいないで,展示のみの方は当日の受付があります。
ご家族で参加される方は,お一人だけ書いていただければいいので,必ず参加用の名札を付けて下さい。

●「自閉症・発達障害の人へのコミュニケーション支援」講演会へのご参加の方の受付は309号室ですが,受付は展示が終わってからの16:30からです。少しお待ち下さい。

参加費については,当日のお支払いになっています。

また,現在定員に達していませんので当日受付をします。
機器展示の時にもご案内しますが,お時間が取れる方はぜひご参加下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当日不明な点はピンクのスタッフTシャツを着ている人にご相談下さい。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

パソコンを忘れてしまったので

昨日から1泊2日で沖縄まで出張に行ってきました。

現地では、旧知の友人が集まってくれて情報交換もでき、とても収穫の多い出張となりました。


さて、その出張に行くのになんと職場にパソコンを置き忘れてしまいました。

なので、ブログの記事も書けず、たまたま家にあった家族用のMacで作業をしているので、いろいろと設定ができません。

そんな訳で、言い訳エントリーです。

明日は、マジカルイベント前日なので参加される方々へのお知らせをしたいと思っております。

よろしくお願いします

夏の研究会・学会情報10「北海道に行って魔法を見ませんか?」

第10弾も北海道です。

この夏涼しい北海道に行って魔法を見ませんか?

10383744_668161636605016_1985640683

魔法のワンドプロジェクトが以下の会場で開かれます。

8月9日(土) 札幌 札幌市男女共同参画センター

お申し込みはこちらから

応募フォーム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他の会場もまだ定員に達していないところもあるようです。 暑い夏は避暑に行ってみませんか?

 

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

夏の研究会・学会情報9「第13回北海道の特別支援教育における情報教育研修会」

北海道特別支援教育ICT活用PJより

第13回北海道の特別支援教育における情報教育研修会

以下引用

主催
 北海道特別支援教育ICT活用PJ

共催
 特定非営利活動法人 NEXTDAY

会場
 道民活動センタービル(かでる2・7) 1040会議室
 北海道札幌市中央区北2条西7丁目

日時
 平成26年8月1日(金) 9時30分~17時

とのことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同僚の新谷さんが北海道時代からやられている研究会ですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

筆談電話アプリ人気 仙台の福祉サービス企業が無料公開

こちらより

筆談電話アプリ人気 仙台の福祉サービス企業が無料公開

タブレットでの手書き電話ソフトもだいぶ出そろってきていますね。

音声じゃなけりゃだめだとか,文字じゃなきゃダメだとか,手話じゃなけりゃだめだとか,そういったこだわりではなく,本人にとってどれが一番良いのか,そういった視点でいろいろと選べるといいと思います。

ダウンロードはこちら


iPad版はこちら

手書き電話UD App
価格:0
ジャンル:ライフスタイル

Androidはこちら

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.shamrock_records.tegakidenwaud

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マジカルトイボックス第38回イベント情報5

イベントまであと1週間ですね。

天候が心配です。

さて,以下の団体も参加していただくことになりました。

「筑波大学情報科学類&桐が丘」

筑波大学情報科学類の学生と特別支援学校が連携しアプリケーションの作成を行っています。

とのことです。肢体不自由のお子さんのための筆記のためのアプリなど紹介してもらえる予定です。
お楽しみに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

台風はどっか違うところに行って下さい。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Androidアプリ「絵を見てこたえましょう」

久々のAndroidネタ

絵を見てこたえましょう

ドロップレットの青木先生に教えてもらいました。

ドロップレットのシンボルを使ったひらがなやカタカナなの学習ソフトです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下の関連情報を見ると,たくさんのソフトがありそうですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

学習障がいの児童生徒のためのマインドマップアプリ Popplet  ~楽しく・簡単・やる気が湧く!~

いつもお世話になっているお道具箱日記さんより

学習障がいの児童生徒のためのマインドマップアプリ Popplet  ~楽しく・簡単・やる気が湧く!~

マインドマップは教育分野よりもビジネス分野の方が早く注目されてきていました。

ですが,情報整理が苦手な多くの障害のある子どもたちにとっても便利な道具であろうと思います。

ここでは,学習障害のある子どもさんについて書かれていますが,私は他の知的障害のある子どもさんや肢体不自由,聴覚障害や視覚障害のある子どもさんにも有効なのではと感じます。

これについての研究が進むといいですね。


ここで紹介されていたソフトはこちら

popplet lite App
価格:0
ジャンル:仕事効率化
Popplet App
価格:500
ジャンル:仕事効率化

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マインドマップの入門書としてはこんなものがあります。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

出ました!大阪府支援教育研究会(大支援研)ICT活用プロジェクト夏期講座ニ次案内

いつもお世話になっている大支援研のICT活用プロジェクト夏期講座のニ次案内が公開されました。

ICT活用プロジェクト夏期講座ニ次案内

今年も,参加させてもらう予定です。

マジカルトイボックスのサテライト的な製作講座もありますので,ぜひ大阪の先生方ご参加下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大阪以外の先生も参加可能だと思うので,近県の方もご連絡してみて下さい。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マジカルトイボックス第38回イベント情報4

イベントで参加して下さる産総研さんの展示の紹介です。

Wii Fitを使ったバランストレーニングツールの紹介と
スイッチ操作評価支援のツール

を展示して下さるそうです。

お楽しみに。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

10000円のiTunesカードを2枚渡されたら

まったくの私見ですが,10000円のiTunesカードを2枚渡されたらどんなソフトを買うのかなぁと思って,リスト化してみました。

無料ですが,アプリ内課金で6800円かかります。

こちらもアプリ内課金で6400円かかります。

DropTalk HD App
価格:3000
ジャンル:教育

やはり定番ですね。

ボイス オブ デイジー App
価格:2600
ジャンル:ブック

デイジーデータは伊藤忠財団が全国の特別支援学校に無料で配っていますので,これがあるととても便利です。

スイッチ対応のアプリ,アプリ内課金で300円かかります。

教材作成には定番です。

Cause and Effect Sensory Light Box App
価格:300
ジャンル:教育

スイッチ対応のCause and Effectアプリです。


以上で19900円です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記のアプリ,無料版だけ入れるとだいぶ違います。 今度は10000円コースも考えてみます。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので


情報の収集と発信の割合

情報発信においては「Web(主にブログ)」「FaceBook」「メーリングリスト」が主になりますが,同様に収集についてもそれらからもらうことが多くなっています。

私の場合には1日あたり100のブログで300ぐらいのメッセージに目を通しますし,facebookでも同じぐらいの量をこなしているような気がします。

それ以外にも,書籍やメール,論文等も見ますので1日あたり1000ぐらいの情報に接しているように思います。

それらの中で,面白そうだと思ったものは10件ぐらいはとりあえず,facebookにリンクとして書いておきます。

その中でも,気になったものはコメント付きですので,コメントがないのは「とりあえず」といった感じで備忘録的にリンクだけ載せています。

そうしたもの中で他の人に伝えた方が有用だろうと思うもののみ,このブログにあげています。

ですので,

1000の情報から10〜20ぐらいがfacebookに行き,その中で1〜2ぐらいがブログに上がるという割合のような気がします。

それに対して,メーリングリストは不定期ですが,より親しい人たちと意見を交換したり,情報を共有して中身を深めたいものになっています。

以前,facebookがなかったときには,メーリングリストにとりあえず興味のあるものも紹介していましたが,それがブログやfacebookになってきている感じですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Twitterも以前はいろいろ試したのですが,私の環境ではあまり向いていなかったので使っていませんが,このブログに書き込むと転送される設定にはしています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マジカルトイボックス第38回イベント情報3

チラシを見てもらっても分かるように今回のマジカルトイボックスのイベント会場は2カ所に分かれています。
Mtb20147event

AACセミナーと製作講座は センター棟102号室

一般展示と講演会は          センター棟309号室


となっております。

受付が2カ所に分かれますので,ご参加いただく方は必ず当日渡される名札を付けてお入り下さいね。

特に一般展示以外は事前の申込みのない方は入れません。

よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もしも事前の申込みをしたはずなのにメールが来ていないという方はご連絡を下さい。

特に,携帯メールで登録されている方は,受信拒否設定を解除していただく必要があります。

できれば,携帯で申し込まれてもパソコンのメールアドレスを登録いただく方が確実です。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので


情報発信の使い分けについて

本日は,怒濤のごとく仕事が押し寄せてきました。

遠距離通勤なので,それでもあまり遅くなると翌日にひびくので帰ってきました。

さて,ソーシャルメディアが広がったことで,インターネットでの情報の入手方法も様々になっています。

私自身は,その前身であるパソコン通信時代からネットワークを活用していたこともあり,試せるものは何でも試そうと,手を出していますが,今の情報発信の主流は以下になっているかと思っています。

「Web(主にブログ)」「FaceBook」「メーリングリスト」

これらは,それぞれの特性が違っていて,相互に補完しているように思います。

1番安心してやれるのが「メーリングリスト」です。

これは,インターネット黎明期からすぐに活用できているもので,参加者も知っている人が中心ですので,気が置けない感じです。

ただし,テキストベースなのでWebなど表現が豊でないという問題があります。

Web(ブログ)は画像や動画など織り交ぜて,発信できますし,ある程度整理できる利点があります。

ですが,双方向とはなりにくいですし,訳の分からない人がコメントを入れる可能性もあるので,その点はむずかしいところです。

FaceBookは双方向性があり,基本的には実名制ですので安心な面があります。

ですが,システムをFaceBookが管理しているので,突然の仕様変更があること,ユーザーを実験台にしている可能性があること,流れている情報が,整理されず,後からの検索性が非常に悪いことなど問題もあります。

今は1番使っているメディアですが,不安定さもあるように思います。

そんなこんなで,現状は使い分けるしかないでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は,ネットコモンズなどを使ったBBSもまだ利用しています。 これも,メーリングリストに近い便利さがありますが,以前のパソコン通信ほど上手く使えてないように思います。 facebookのような使い勝手の良いBBSがあるといいのですが。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マジカルトイボックス第38回イベント情報2

イベント情報第2弾です。

現在のイベント参加状況です。

AACセミナー 119 / 120人(あと1人ですね)

製作講座   80 / 80人(定員いっぱいです)

機器展示   ご自由にご参加下さい。(当日の受付はありますので,上記の申込みをされていない方も受付をお通り下さい)


講演会「自閉症・発達障害の人へのコミュニケーション支援」   22 / 60人(まだまだ余裕があります)

以上のようになっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

台風が来ないで,良い点気になるといいのですが,

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

マジカルトイボックス第38回イベント情報1

7月に入りました。

マジカルイベントまであと2週間となりました。

イベント参加者向けの情報を少しずつお伝えできればと思います。

機器の展示情報は前回ご紹介したのですが

マジカルトイボックス第38回イベント参加団体一覧(2014年5月26日)

追加で,以下の団体にも参加していただくことになりました。

展示団体名
「神奈川県総合リハビリテーションセンター 脊髄損傷作業療法研究会」
http://www.kanariha-hp.kanagawa-rehab.or.jp/img/uploads/2/34kohoshikanariha.pdf

展示内容
 ・マウススティック
 ・曲がるキーボード

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マウススティックの作り方はとても興味があります。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

病院内で携帯電話の利用に新指針 病室はOK、手術室はNG

こちらより

病院内で携帯電話の利用に新指針 病室はOK、手術室はNG

総務省の関係団体である電波環境協議会が指針案をまとめました。

院内学級での携帯電話利用は,病院によって様々で無線LAN禁止だったり,逆に病室でも携帯電話を利用できたりと様々です。

ですが,入院中の患者にとっては生活規制が精神的なストレスになり,治療にも良くない面があるので携帯OKにした病院もあると聞いています。

これについては,まだ意見募集の段階なので正式決定は7月22日(火)までの意見募集集約後ということですが,利用の可能性が広がりそうですね。

この記事の情報ソースはこちらです。

「医療機関における携帯電話等の使用に関する指針(案)」等に対する意見募集

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういうのに意見を送るのはあまりやらなかったのですが,特別支援教育の視点での意見を送ろうかな。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

ICTを使うことで子どもの自尊心の貯金を殖やす

いつもおせわになっている おがっち のブログが秀逸です。

ICTを使うということ。

この中でおがっちが

おが「そのお子さん、自尊心を借金してますね。自尊心の貯金があれば、多少はガマン(支出)出来ます。でも、借金していると、すぐに爆発してしまいます。」

教師「自尊心の借金ですか。。」

おが「借金の状態やと、お金で頭が一杯。寄付なんてとんでもないですよね。自尊心も同じで、構ってもらうことで頭が一杯。思いやり(寄付)の気持ちを持ちなさいとか、ガマン(支出)しなさいとか、そんな状態じゃないんです。」

教師「とりあえずお金(自尊心)が欲しいということですね。」

おが「そうです。まずは借金を減らして貯金をする。その後に、クラスに入って行くことを考えてみてはいかがでしょう?」

教師「貯金をするために、5分の時間ということですね。」

おが「はい。難しいとは思いますが、どこかで貯金の時間を確保して下さい。」

と書かれています。

ううむ,とてもよく分かる表現です。

もちろん,ICTを使わなければならないとは思いません。

ここで書かれているように,お子さんが得意となることであれば何でもいいと思います。

自信を持って行動できるように,それが特別支援教育の究極の目的かもしれませんね。

それ無しに,借金ばかり子どもに背負わせるような教育は子どもが可哀想です。

ICTもそのような役割で使えるといいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は,前から楽しみにしていた高松に来ています。 いろいろと,勉強してきたいと思います。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

「電子機器」でも「電子器機」でもいいらしい

宅急便で荷物を送る際についうっかり書き間違いをしました。

10455857_671614169578296_1076483255


いつもこの「機」と「器」の書き順を忘れてしまうのです。

確認してから書けばいいのに思わず書いてしまいました。

これをFacebookで紹介したら,

「どっちでもいいよ」

というアドバイスをもらいました。

こちらを見てもそうらしいのです。

http://www.weblio.jp/content/器機

なんと!

まったく知りませんでした。

でもきっと,学校のテストで回答すれば「×」がつくんでしょうね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういった意味では,漢字って柔軟性があるはずだし,そうであってもらいたいですね。 特に,書くことに困難のある子どもたちのためには。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

楽しんで覚える日本史! 受験に、教養に! iPhoneアプリ「日本史クイズ検定」

こちらより

楽しんで覚える日本史! 受験に、教養に! iPhoneアプリ「日本史クイズ検定」

日本史の学習にいかがでしょうか。

ダウンロードはこちら

日本史クイズ検定 App
価格:0
ジャンル:ゲーム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

調べてみると,歴史のクイズソフトってけっこうたくさんあるみたいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »