ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« TREASuREカンファレンス 2014 | トップページ | 和歌山県平成26年度特別支援教育啓発セミナー「ICTが開く教育の新たな可能性~障害のある児童生徒のための合理的配慮としての支援技術~」 »

MITのWheelchair Projectはかっこいい

MITがやっているWheelchair Projectがとってもクールです。

A Voice-Commandable Robotic Wheelchair(音声で操作できる車イス)

とのことですが,コンピュータとWifi環境で,自動走行していました。

いまは,コンピュータで自動走行する車の実験もされていますから,電動車イスも自動走行も夢じゃないでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まだ限られたエリアだけでしょうけど,夢のある話です。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので


« TREASuREカンファレンス 2014 | トップページ | 和歌山県平成26年度特別支援教育啓発セミナー「ICTが開く教育の新たな可能性~障害のある児童生徒のための合理的配慮としての支援技術~」 »

アシスティブ・テクノロジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MITのWheelchair Projectはかっこいい:

« TREASuREカンファレンス 2014 | トップページ | 和歌山県平成26年度特別支援教育啓発セミナー「ICTが開く教育の新たな可能性~障害のある児童生徒のための合理的配慮としての支援技術~」 »