ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 描いたものが3Dアニメとして動き出す!ぺんてる、驚きを贈るグリーティングカード”カクトAR”発売! | トップページ | マジカルトイボックス第39回イベント案内 »

<障害児の親を泣かせるCM>なぜソフトバンクが障害者向けに開発したスマホCMに親は涙するのか

前にも紹介したことのあるアシストスマホ

障害のあるお子さんをお持ちの作家さんがとてもステキなコメントを書かれています。

<障害児の親を泣かせるCM>なぜソフトバンクが障害者向けに開発したスマホCMに親は涙するのか

この中でいいなぁと感じるのは以下の言葉

発達障害に万能グッズはない。障害の現れが多様であるようにサポートも多様でなければならない。アシストスマホが役に立つ人もいればそうでない人もいる。ただ、障害者に関わり、その生きづらさを軽減しようと努力してくれる人がいることは、障害児おやじとしてこれほどありがたいことはない。アシストスマホにはぜひ成功していただき、さらに莫大な開発費を投入して実用性を高めていってもらいたい。

まったくその通り,SoftBankて凄くいろいろやっているんですよね。

こちらを見ると一目瞭然。

多様なニーズへの対応

なんだかんだいいつつも1つの企業がこれだけのことをやっているって凄いなぁって思います。

それも,具体的な形になっているのがいいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


CSRとしてiPadの貸し出しなんてのもやっているけど,今年はとても人気が高くってなかなか借りられなくなったなんて聞いています。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので


« 描いたものが3Dアニメとして動き出す!ぺんてる、驚きを贈るグリーティングカード”カクトAR”発売! | トップページ | マジカルトイボックス第39回イベント案内 »

Android」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 描いたものが3Dアニメとして動き出す!ぺんてる、驚きを贈るグリーティングカード”カクトAR”発売! | トップページ | マジカルトイボックス第39回イベント案内 »