ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« ALS等の四肢が不自由な方に便利な 視線による操作支援スイッチ「eyeSwitch」(アイスイッチ)を開発 | トップページ | マジカルトイボックス第39回イベント申込み状況(9月28日現在) »

明治図書出版はなぜDRMフリーの電子書籍販売に踏み切れたのか――担当者に聞いてみた

こちらより

明治図書出版はなぜDRMフリーの電子書籍販売に踏み切れたのか――担当者に聞いてみた

「特別支援教育とAT」を出している明治図書。

前回も紹介したように電子書籍を出しているんですが,DRMフリーなんですよね。

これって画期的ですし,障害のある人のためには有効な事です。

その辺のことを制作に関わった方がインタビューに答えています。

これがデジタル教科書作成についても参考になるかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第1集も電子書籍化してもらえないかなぁ。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« ALS等の四肢が不自由な方に便利な 視線による操作支援スイッチ「eyeSwitch」(アイスイッチ)を開発 | トップページ | マジカルトイボックス第39回イベント申込み状況(9月28日現在) »

電子図書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/60384517

この記事へのトラックバック一覧です: 明治図書出版はなぜDRMフリーの電子書籍販売に踏み切れたのか――担当者に聞いてみた:

« ALS等の四肢が不自由な方に便利な 視線による操作支援スイッチ「eyeSwitch」(アイスイッチ)を開発 | トップページ | マジカルトイボックス第39回イベント申込み状況(9月28日現在) »