ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 聞くことに困難のある人のためのアプリ「ききとり上手」 | トップページ | 信州カンファに来ました »

タブレットの本質は、“おもちゃ”である

こちらより

タブレットの本質は、“おもちゃ”である

なるほどと,納得する話ですね。

その中でもポイントはこちら

子どもは不器用ですから、ファブレットは小さくて自在に操作できない、
パソコンはキーボードの字が読めなくては操作できない……
この点、タブレットはサイズ感といい、
ユーザビリティといい、絶妙なんですよね。
老若男女が取扱説明書など全く読むことなしに、楽しむことができます。
仕事用のアプリを使っていても、
どこかしらゲームをやっているような感覚を抱くことが少なくないのも、
おもちゃ的な側面といっていいでしょう。

「あそべる」ことは,新しいものをはじめるにあたって敷居を大きく下げるものだと思います。

「遊ぶ」と書くと語弊があるようなら

「楽しめる」ということでしょうね。

なんにしても楽しくなければはじめられない。

筆者は1,2歳の子どもでも使い始める例を書かれていますが,

知的障害のある子どもたちでもけっこう使いこなしている現場をよく見ます。

こういった機器が普及する本質でしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ですが,実はここから超えるのがとてもむずかしい。

つまり,本当の意味で本人の支援機器として利用できること。

教材として知的な道具となること。

そこに到達するには関わる人たちがよく分かっていないといけません。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので


« 聞くことに困難のある人のためのアプリ「ききとり上手」 | トップページ | 信州カンファに来ました »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タブレットの本質は、“おもちゃ”である:

« 聞くことに困難のある人のためのアプリ「ききとり上手」 | トップページ | 信州カンファに来ました »