ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 信州カンファに来ました | トップページ | TBS「夢の扉+」9月14日 #170「コミュニケーションをバリアフリーに!」 »

TED「デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」」

信州カンファ2日目

今日は魔法のワンドの全国セミナー最終日でした。

もちろん中邑さんの刺激的なお話しも,4人の実践者の先生方もとても魅力的でした。

しかし,そういった「先駆者」だけでは進めません。

中邑さんが講演の最後に紹介して下さったのがこの映像です。

デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」


社会運動を起こすためには1人の「嘲笑を受ける人」が必要です。

しかし,彼よりも大切なのはその後に続く「フォロアー」です。

最初の1人はとても勇気がいります。

同じように「嘲笑」を受ける可能性がある。

しかし,その後に多くの人が続いてくれば彼は「先駆者」になれる。

場合によっては,遅れてしまうことが「恥ずかしい」と感じる人も出てくる。

そうなったら,世の中は大きく変わってきます。

賢龍さんはこれについての解説を加えていませんでしたが,私はこれが

「インクルーシブ教育システム」の社会であり,「支援機器を活用すること」であると思いました。

そして,中邑さんはその「嘲笑を受ける人」をあえて行う事で,多くの「フォロアー」を待っていると思っています。

ぜひ皆さんもそのフォロアーになって下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はどちらなのでしょうね。

踊る人なのかなぁ,フォロアーなのかなぁ。

どちらもありえますね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 信州カンファに来ました | トップページ | TBS「夢の扉+」9月14日 #170「コミュニケーションをバリアフリーに!」 »

イベント・研究会・展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/60276774

この記事へのトラックバック一覧です: TED「デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」」:

« 信州カンファに来ました | トップページ | TBS「夢の扉+」9月14日 #170「コミュニケーションをバリアフリーに!」 »