ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 【再掲】「特別支援教育教材・支援機器等展示会」の開催について | トップページ | 見やすいプレゼン資料の作り方 »

発達障害の子ども 才能を伸ばす

NHKのサイトより

発達障害の子ども 才能を伸ばす

この中では異才発掘プロジェクトのことが,紹介されています。

飛び抜けた能力のある子どもが発達障害のある子どもにもいるが,その能力を伸ばそうというプロジェクト。

ですが,紹介したサイトに

ただ、発達障害のある子すべてが飛び抜けた才能を示すわけではありません。

(中略)

「発達障害のある子は才能が障害に隠され、才能を見つけにくい場合があります。誰にでも得意なことがあるように才能を個人の中で比較的得意な分野と捉えれば才能を見つけやすくなります。発達障害のある子たちの潜在的な能力を伸ばし、誰もが自己肯定感を持てるようになることが大切です」

と書かれているのは,重要な指摘です。

発達障害のある子どもが「困った人」であると思われるのは「困ったこと」です。

しかし,だからといって,彼らの誰もが飛び抜けた才能があるわけではない。

でも,持っている能力を発揮する環境は保証してあげたい。

そのための支援機器の活用は重要です。


そん中,お知り合いの松谷くんが,こんなプロジェクトに出ます。

TEDxKids@Chiyoda 2014

11月30日に開かれるそうです。

松谷くんのプロフィールはこちら

講演の様子は最終的にはネットに出る見たいですが,リアルに聞いてみたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

« 【再掲】「特別支援教育教材・支援機器等展示会」の開催について | トップページ | 見やすいプレゼン資料の作り方 »

イベント・研究会・展示会」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30957/60676557

この記事へのトラックバック一覧です: 発達障害の子ども 才能を伸ばす:

« 【再掲】「特別支援教育教材・支援機器等展示会」の開催について | トップページ | 見やすいプレゼン資料の作り方 »