ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 発達障害の子ども 才能を伸ばす | トップページ | 視線でタブレットを操作「Touch-free smartphone lets you text and play games with head gestures」 »

見やすいプレゼン資料の作り方

仕事柄,PowerPointを使って説明することが多くあります。

できるだけ,わかりやすくと思っているのですが,ふと見つけたこの資料を見たときにいくつか反省点がありました。

この資料自体「見やすく」なっていますので,とても参考になります。

ちなみに,アクセシビリティに配慮したプレゼン資料の作り方については,福祉情報工学研究会がこんな資料を出しています。

論文作成・発表アクセシビリティガイドライン 活用のお願い

上記の2つの資料を見た上で,下記の資料を見ると考えるべき事項がたくさん出てきますね。

まち・ひと・しごと創生本部
基本政策検討チーム
第1回 平成26年10月 2日
  議事次第・資料
清原慶子  東京都三鷹市長(資料)

清原市長は障害者施策やICT施策ではいつも,重要なお仕事をされていますので,プレゼン資料についてもぜひ,上記の視点を入れていただけるととてもありがたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


これはもちろん,つぎはぎで資料を作ることが多い,自分の自戒も込めてのことです。
いままでのプレゼン資料も点検しないと。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので


« 発達障害の子ども 才能を伸ばす | トップページ | 視線でタブレットを操作「Touch-free smartphone lets you text and play games with head gestures」 »

情報教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見やすいプレゼン資料の作り方:

« 発達障害の子ども 才能を伸ばす | トップページ | 視線でタブレットを操作「Touch-free smartphone lets you text and play games with head gestures」 »