ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 役に立つといいなソフト | トップページ | オートマチックとマニュアル支援機器を考える上での違った軸 »

CSUN2015 その7

3日目の金曜日に以下のような、興味深いセッションに出ました。

Novel Access Solutions for Children with Severe Physical Disabilities

発表をされた方は病院のATスペシャリストだそうですが,(というか,病院の中にATスペシャリストがいる所が素晴らしいなと思います)

重度重複障害のある方の入力方法について,様々な方法があるとの紹介をしていました。


●声帯振動スイッチ(vocal cord vibration switch)

ネットで調べたら,こんな論文がありました。

Evaluation of a non-invasive vocal cord vibration switch as an alternative access pathway for an individual with hypotonic cerebral palsy - a case study.

首に巻いた振動センサーで声帯の高さを検知して,スイッチにするそうです。

身体の動きがあって,スイッチの適合がむずかしい場合にも首に固定しているわけですからスイッチが外れることもありませんので,フィッティングが容易です。

こんな事できるんですね。


●muscle switch

MMG switchといっていました。

筋肉の動きをとってのスイッチのようです。
筋電スイッチかな。これも,身体にスイッチを付けるので,適合の時によいとのこと。

論文だとこんなものを見つけました。

The design and testing of a novel mechanomyogram-driven switch controlled by small eyebrow movements

●brain computer interface

脳波スイッチのようですね。

日本でもこれまでいろいろありましたが,なかなか適合がむずかしかったと感じますが,最近は進んだのでしょうか。
ちょっとよく分かりませんでした。


●安価な視線入力装置

CCDカメラだけの視線入力装置等のを紹介していました。
ソフトを工夫すればとりやすくなるという話でしたが,やはりTobiiのように,赤外線も併せないとエラーが起きるような気がしましたが・・・・

●Kinect Virtual Art Program

これは,スイッチではないのですが,ちょっとOAKみたいな感じで身体を動かすと絵が描けるというプログラムでした。

20150312_53927


Kinect Virtual Art Program from Laura Diment on Vimeo.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


賢龍さんと一緒に聞いていたのですが,日本でもしっかりと重度重複の子どもの教育プログラムを作った方がいいとおっしゃっていました。
確かに,手探りでやっていますがより整理していけるといいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので


« 役に立つといいなソフト | トップページ | オートマチックとマニュアル支援機器を考える上での違った軸 »

CSUN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CSUN2015 その7:

« 役に立つといいなソフト | トップページ | オートマチックとマニュアル支援機器を考える上での違った軸 »