ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 身近になった視線入力装置 | トップページ | CSUN2015 その7 »

役に立つといいなソフト

こちらより

役に立つといいなソフト

鹿児島県霧島市立国分北小学校のサイトのようです。(別アドレスなので,もしかするとこの小学校の先生が作られているページかもしれませんが)

フラッシュ型教材が紹介されているのですが,PowerPointで作られているものが多いのですが,こちらはエクセルのマクロで作られています。

私のMac版エクセルだと上手く動きませんでしたが,Windows版なら動くかもしれません。

コンセプトとしてこのように書かれていました。

Excelで作る価値

市販ソフト活用やパワーポイントで作る際の問題点

① フラッシュ型教材ソフトは,すばらしいものが多いが購入するには費用がかかる。
② フラッシュ作成専用ソフトで作成した場合,ソフトの購入に費用がかかる。
③ フラッシュ作成専用ソフトは,難易度が高く誰でも使えるとは限らない。
④ パワーポイントなどのプレゼンソフトで作成する場合,ソフトの購入に費用がかかる。
⑤ パワーポイントでの作成は,比較的簡単にできるが,大量作成には向かない。

Excelを使った,フラッシュ型教材の作成の利点

① Excelは,Windowsマシンには,ほぼ標準で装備されている。(無償という意味ではありません)
② WordやExcelならば抵抗無く使える人も多い。
③ 表計算ソフトの特長(乱数・関数・マクロ)を生かせば,多くの問題を簡単に作成できる。
④ 文字や数字だけでなく図形や画像を提示することも可能である。

なるほどと思いましたが,いまはマイクロソフトも無償でPowerPointを提供する方向なので(再生のみなら)どうかなと思いますが,利点の③に書かれているように,多くの問題を作れるという面はアプリケーションを作るような感覚で利用できそうですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


エクセルでマクロを作るのも大丈夫だよと言う人は、ぜひこれを参考に自作されてもいいかもしれません。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので


« 身近になった視線入力装置 | トップページ | CSUN2015 その7 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 役に立つといいなソフト:

« 身近になった視線入力装置 | トップページ | CSUN2015 その7 »