ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« AT関係の動画 その2 | トップページ | 国立国会図書館「2015年4月7日 視覚障害者等へのテキスト化データ提供に向けて日本点字図書館と共同で実験を開始します」 »

感動ストーリー続々。「ロボット登校」が病気の生徒を救う

こちらより

感動ストーリー続々。「ロボット登校」が病気の生徒を救う

NewsPicksという,経済関係のSNSサイトの記事です。


病気子どもの代わりにロボットが登校するという記事。

もちろん今の技術ですので,アトムのようなロボットではなくってiPadの画面を付けたセグウェイのような感じです。

日本でも輸入していますね。

iPadを遠隔操作で自由に動き回れる「自分の分身」にするロボット『Double』

先日行ったCSUNでは,こんなロボットが歩いていました。

P1060477


ですが,上記の記事のいいところはコントロールしているのは病気のある子ども自身ということ。

まさにコミュニケーションツールです。

こういったことに使えるといいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ラジオでこれが紹介されていたのですが,宮台真司さんは,ロボットがいじめられないのかという質問に,戦えるロボットにしたらいいんじゃないか,みたいな話をしていました。
まさに,先日紹介していた攻殻機動隊の世界ですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので


« AT関係の動画 その2 | トップページ | 国立国会図書館「2015年4月7日 視覚障害者等へのテキスト化データ提供に向けて日本点字図書館と共同で実験を開始します」 »

アシスティブ・テクノロジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動ストーリー続々。「ロボット登校」が病気の生徒を救う:

« AT関係の動画 その2 | トップページ | 国立国会図書館「2015年4月7日 視覚障害者等へのテキスト化データ提供に向けて日本点字図書館と共同で実験を開始します」 »