ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

« 内田洋行の特別支援教育カタログが凄すぎる | トップページ | おもちゃと絵本の部屋「おおきなき」 »

ロボットは学校一の人気者。病気の少年はいつも通り授業を受け、同級生とランチする

こちらより

ロボットは学校一の人気者。病気の少年はいつも通り授業を受け、同級生とランチする

病気のある子どもが,学校の授業に参加する取り組みは私が10年以上前にトロント大学に行ったときにも行われていました。

日本でも,病弱特別支援学校では古くからやられています。

近年はネットワークの無線化とICT機器の高度化によってここに紹介されているようなことが安価にできるようになりました。

しかし。大切なのは

「やれる」


ということではなく

「やる」

ということなのでしょうね。

その溝はけっこう深くって,日本は技術大国なのでいろんなものを作れるのだけど,それをどのように活用すればいいかの考えが深まっていないところが課題です。

上記のサイトで紹介しているのは

「子供の”教育を受ける権利”を尊重する」

という考えです。

これを考えたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
こちらもよろしく→


フィードバックは次の日記の意欲につながるので


« 内田洋行の特別支援教育カタログが凄すぎる | トップページ | おもちゃと絵本の部屋「おおきなき」 »

アシスティブ・テクノロジー」カテゴリの記事

特別支援教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 内田洋行の特別支援教育カタログが凄すぎる | トップページ | おもちゃと絵本の部屋「おおきなき」 »