ブログの引っ越しをしました

マジカルトイボックスの新刊

  • 【改訂版】障がいのある子の力を生かすスイッチ製作とおもちゃの改造入門

kintaのブログを検索

  • Google
    WWW を検索
    kinta.cocolog-nifty.com を検索

ランキングはこちら

AT・AAC関連の本

無料ブログはココログ
2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

メモ

  • google
  • Zenback

にほんブログ村

カテゴリー「CSUN」の記事

CSUN2015 その7

3日目の金曜日に以下のような、興味深いセッションに出ました。

Novel Access Solutions for Children with Severe Physical Disabilities

発表をされた方は病院のATスペシャリストだそうですが,(というか,病院の中にATスペシャリストがいる所が素晴らしいなと思います)

重度重複障害のある方の入力方法について,様々な方法があるとの紹介をしていました。


●声帯振動スイッチ(vocal cord vibration switch)

ネットで調べたら,こんな論文がありました。

Evaluation of a non-invasive vocal cord vibration switch as an alternative access pathway for an individual with hypotonic cerebral palsy - a case study.

首に巻いた振動センサーで声帯の高さを検知して,スイッチにするそうです。

身体の動きがあって,スイッチの適合がむずかしい場合にも首に固定しているわけですからスイッチが外れることもありませんので,フィッティングが容易です。

こんな事できるんですね。


●muscle switch

MMG switchといっていました。

筋肉の動きをとってのスイッチのようです。
筋電スイッチかな。これも,身体にスイッチを付けるので,適合の時によいとのこと。

論文だとこんなものを見つけました。

The design and testing of a novel mechanomyogram-driven switch controlled by small eyebrow movements

●brain computer interface

脳波スイッチのようですね。

日本でもこれまでいろいろありましたが,なかなか適合がむずかしかったと感じますが,最近は進んだのでしょうか。
ちょっとよく分かりませんでした。


●安価な視線入力装置

CCDカメラだけの視線入力装置等のを紹介していました。
ソフトを工夫すればとりやすくなるという話でしたが,やはりTobiiのように,赤外線も併せないとエラーが起きるような気がしましたが・・・・

●Kinect Virtual Art Program

これは,スイッチではないのですが,ちょっとOAKみたいな感じで身体を動かすと絵が描けるというプログラムでした。

20150312_53927


Kinect Virtual Art Program from Laura Diment on Vimeo.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

賢龍さんと一緒に聞いていたのですが,日本でもしっかりと重度重複の子どもの教育プログラムを作った方がいいとおっしゃっていました。 確かに,手探りでやっていますがより整理していけるといいですね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Csun2015 その6

Csun2015 その6


帰国しました


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

csun2015 その4

ちょっと珍しい発表を見ました。

Img_3016

Switching it Up: A Make Your Own Switch Study

訳すと「自分のスイッチを作って学びましょう」

みたいな意味でしょうか。

保護者にCDのスイッチを作って演習させてからその大切さとか,どう使うかを教えるという話でした。

作ったスイッチはこちら

CD Switch Kit

半田付け無しで作れると書いていますね。

本当は,作らせることが本質ではなくって,どう使うかを教えようという話だったのかもしれませんが,参加者はどこで手に入れるのかとか、他にはないのかとか伝えたいこととは違う話を質問していたようです。

まあ,プレゼンターもジェリービーンスイッチだと50ドルするのが,これだと10ドルで手に入るみたいな話をしたので,そう思ったのかもしれませんが,発表者は作ることにはあまり詳しくは分かってないようでした。

アメリカでも手作りするんだなぁとは思いましたが,それはあくまできっかけだったのですが,受け取る人がいろいろいるのだなぁと、別の意味で興味深かったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

csun2015 その3

もろもろあって,とりえず写真のみ。

今回は「視線入力」機器に絞ってみました。

Img_3009

視線入力の練習ソフト「Look to Learn」のデモをおこなっているところ。

障害の重いお子さんでも使えるものがあります。

Img_3011

Eyegaze Edgeは,ずいぶん前から展示をしています。

Img_3013


TobiiDynavoxは日本ではTobiiなんですが,アメリカではDynavoxを買収したようで,この名前で出しています。


Img_3014

NuEye

は,実際に試させてもらいましたが,キャリブレーションが1点だけでできるので,(複数もあるようですが)簡単に設定できけっこう認識率も良かったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Csun2015 その2

Csun2015 その2


ただいまロサンゼルス
今回は間違えずに乗り換えられそうです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

Csun2015 その1



日付が変わって出発です

CSUN2014 その5

CSUN会場ではなんか面白そうな機器を買って帰ろうと思っていたのですが,例年即売品が無くなってきているので,収穫無しでした。

ところで,同行していた杉浦先生が会場の隣にあるモールの中でこんな面白いものを見つけてくれました。

Img_2422

奥にある,NO!と書かれているボタンは,押すたびにいろいろな音のNOを出すスイッチです。

そして,手前にある2つのボタンはどちらも数秒の音声を録音できるおもちゃ。

まさにVOCAです。

それぞれNOのボタンが12.99ドル,大きいVOCAが7.99ドル,小さいVOCAが8.99ドル

といったところです。

こんなに安く売っているなら,おにぎりVOCA作らなくてもいいかも。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当は杉浦先生に私が面白いおもちゃを買って自慢しようと思ったのに・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので


google翻訳は凄い

なんか凄いシリーズになっていますがCSUNツアーの続きです。

こちらの表現が通じていない以上に,相手の言葉が読み取れないことが多いです。

セッションでは,仕方がないのでプレゼンの画面やハンドアウト,ちょっとした会話で出てきたWebサイトの情報を元にWebにつなげて,相手がどんな話をしているのか「手がかり」を探します。

それでも,理解しているのは1割程度かもしれません。

ですが,面と向かって話している時には理解できないとスルーもできない。

そんなときには何回か先方が利用していたのがGoogle翻訳

サイトもあるし,アプリもあるし,どちらでもけっこう高い精度で英語を日本語にトランスレートしてくれるので外国人からの質問を理解することができました。

もちろん,インターネットにつながっていないと仕方ありませんが,CSUNの会場ではフリーのWifiが用意されていますし,けっこうな場所でつなげられます。

やはり,自分の学習能力の限界はこういった機器で補ってもらった方が良さそう。

Google翻訳 App
価格:0
ジャンル:辞書/辞典/その他

https://play.google.com/store/apps/details?hl=ja&id=com.google.android.apps.translate


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とはいえ,もうすぐ帰国。

瞬時でコミュニケーションするにはやはり,いくつか単語を覚えている方が便利。

こうして会話の困難さを感じると,VOCAがあれば伝わるってもんじゃないのを実感します。

「どんな言葉を用意すればいいか」

「何を伝えれば伝わるのか」

といったことを実践していかないと使えませんね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

CSUN2014 その4

昨日は何とかバタバタの発表を終えて,機器展示の方に行きました。

何回か参加しているからでしょうか,すごく新しい機器というのも少ない感じもしましたが,怪しいロボットくん?が会場を動いていました。(写真をデジカメで撮ったのですが,デジカメのデータを読み出せないので帰国後かなぁ)

また,iPad用のスイッチインターフェースでこんなのが紹介されていました。

Img_2404

なんと価格は99ドル。

Apple純正のUSBカメラアダプタでつなげて,iPadにリターンキーとスペースキーを送るようになっています。

Tapio という製品だそうです。

標準だとコネクタにはスイッチは1つしか付きませんが,分岐のアダプタをつなげると2つのスイッチがつながるようになっています。

送るコードの仕様はRJ Cooper仕様とのこと。

これなら,電波を発信しないので日本でも輸入しやすいと思うんですがどこかの会社で取り扱ってくれないかなぁ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他にもいろいろあったので,分かる範囲で報告していきますね。

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので

CSUN2014 その3

なんか自分のカウントの仕方が怪しいのと,こちらはいま,19日の早朝なんですが,たぶん日本は夜なので日付も怪しいので,連番にします。


昨日は,プレカンファレンスでしたが,レジストレーションをして,夕方のKeynote(基調講演)に参加して来ました。

講演では,2つの画面が用意されていて,それぞれ逐次で講演内容がタイプされていましたが,私のように音を聞いただけではまったく追いつけない人間にとってはとても助かります。

それでも,時差ぼけには勝てずに時々意識を失ってしまいましが・・・・

さて本日は,お昼から発表になっています。

英語のサイトも用意しているのですが,どうなる事やら。

頑張ります。

01


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

といっても,しゃべるのは竹島先生なので,私は操作係ですが・・・

ブログの記事に興味を持っていただいた方,応援をしていただける方は

1日1回こちらをクリックしていただけませんか?→→にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
こちらもよろしく→

フィードバックは次の日記の意欲につながるので